【永久保存版】定番の調理器具30選!

調理器具がたくさん壁にかかった様子

おすすめ調理器具をさっそく30個紹介するので、調理する時に取り入れて、料理の手間を省いてみてはいかがですか。
時間がない、料理がめんどくさいなどの悩みを抱える方が参考になる記事です。
 



ハンドミキサー

 
ハンドミキサーを使用する様子
 
時短できるおすすめの調理器具はハンドミキサーです。ハンドミキサーを使えば電動で泡だてることができます。
ハンドミキサーはお菓子によく使われる生クリーム作りに使用したり、卵をかき混ぜる時にも使われます。手ででかき混ぜると疲れたり、十分にかき混ぜられないこともあります。ハンドミキサーを使用すると、これらの悩みを解決できるので主婦におすすめの調理器具です。

みじん切り器

 

 
みじん切り作業を楽にしたい人におすすめの調理器具はみじん切り器です。
みじん切りは料理の中でも時間がかかる作業です。ハンバーグやチャーハンなど、みじん切りする機会はとても多いですよね。みじん切り器を使えば包丁でみじん切りしなくていいので料理が楽になります。

みじん切り器はボウルのような容器にみじん切りにしたい野菜を入れてフタをします。その後、みじん切り器によっても違いますがハンドルを回したり、フタについている紐をひっぱればみじん切りできます。どのぐらいのサイズでみじん切りするのか調節できるみじん切り器もあるので、調節できるタイプのみじん切り器を購入すれば、献立やご家庭に合わせてみじん切りのサイズを決められるでしょう。
 

キャベツの千切りの手間はこれで解決!千切り器

 
千切り器
 
千切りは野菜を切る時に多い切り方のひとつです。メインがお肉料理の時には、キャベツの千切りを添えたりしますよね。でもこれがなかなか大変で手間のかかる作業です。メインに時間をかけて、付け合わせにまで時間をかけたくないですよね。
そこでおすすめとなる調理器具が千切り器です。 キャベツの千切りがあっという間にできあがります。料理が苦手な人でも細くて均一な千切りに仕上がるので、主婦には嬉しい調理器具のひとつです。

 

つま切り器

 
ツマ切り器でスライスした大根が添えられた刺身の盛り合わせ
 
つま(ツマ)とは、一般的にはお刺身や汁物のあしらいとして添えるものです。脇役として主役を引き立たせる役目ですね。わかりやすい例として、スーパーマーケットの鮮魚コーナーで売られているお刺身についてくる千切りされた大根がツマです。
 
でも、家庭でツマを作ろうと思うと面倒ですよね。結構な細切りですし、、、。
そこで、おすすめとなるのがつま切り器です。包丁で切るには難しいような繊細な細切りが短時間で出来上がるので、つまで料理に美しさを取り入れたい主婦におすすめの調理器具となっています。

 

おろし器

 
大根をおろし器でおろす様子
 
大根やにんにくやしょうがは、おろして料理に使うことが多いですよね。おろして料理に使う機会は多いので、おろし器はなくてはならないと考える人も多いでしょう。安い物を購入すると、刃がもろくてあまりおろせないこともあります。そうなると大変ですので、しっかりしたおろし器を購入するのがおすすめです。

 

ゆで卵器

 
ゆで卵に調理するための器具
 
料理によく登場するけれど、意外と作るのが面倒なゆで卵。お湯を沸騰させて、卵を投入。そこから料理に合わせて卵の固さを決めて、時間を計って取り出します。これだけでも15分はかかります。
茹でるだけとはいえ、火を使うので目は離せません。それにコンロを占領されてしまうのも邪魔だったりしますよね。 そんなゆで卵作りにおすすめの調理器具が、ゆで卵器です。調理器具でゆで卵が簡単にできてしまうなんて嬉しいですよね。

 
ゆで卵器には器具そのもので作る調理器具と、レンジを使用して作る調理器具があります。使い方や値段が少し変わるので、自分に合ったものを探してみましょう。

 

卵切り器

 
ゆで卵切り器
 
ゆで卵が綺麗にできても、包丁で切って形が崩れてしまうことってよくありますよね。卵は丸いので均等に切るのも難しいです。卵が綺麗に切れないとサラダの盛り付けもいまいちになってしまい、ストレスに感じることもあるでしょう。
そこでおすすめとなる調理器具が卵切り器です。ゆで卵を均等に綺麗に切ってくれるので、盛り付けに差が出ます。 自宅に人を招いてホームパーティーをする人なんかは持っていると便利な調理器具でしょう。

卵切り器の使い方

 
卵切り器というと大きな器具のようなイメージをする人もいますが、手のひらサイズのコンパクトな調理器具です。卵を輪切りにするタイプが多いですが、くし切りにできるタイプもあります。 卵切り器にゆで卵をセットして、あとは調理器具のを軽く動かすだけでスーッと卵が綺麗に切れちゃいます。癖になるような感覚で、つい使いたくなるんです。
 

卵殻剥き器

 
ゆで卵を剥く様子
 
ゆで卵を作った時に手間となるのが、殻剥きです。上手くツルッと剥ける時もあれば、剥いている時に中の卵が崩れてしまうこともあります。
崩れると時間もかかってしまうし、見た目も悪くなるで大変です。 そんなゆで卵の殻剥きを簡単にするのが卵殻剥き器です。

卵殻剥き器とは、茹であがった卵の殻を剥くものではありません。実は茹でる前に、剥きやすいような仕掛けをしておくためのものなのです。

鍋つかみ

 
女性が鍋をつかむ様子
 
鍋料理を作った時や、今流行りのスキレットで調理をした時。できあがったものをテーブルに運ぶのに熱くて戸惑うことってありますよね。台ふきなんかをあてて、運ぼうとしても熱さが手に伝わってきて火傷してしまうこともあります。
そんな時に持っているべき調理器具でおすすめなのは鍋つかみです。ミトンという呼び方をする人もいるでしょう。キッチンにミトンがあると、調理の際には便利で使えますよ。
 

アク取り器

 
アク取り器
 
お肉や野菜を煮込むとアクが出てきます。アクをそのままにしておくと苦味を感じてしまうので、綺麗に取り除いておきたいですよね。でもおたまやスプーンでアクを取るのは意外と大変でどうしても残ってしまうものです。
アクを綺麗に取るためには、アク取り器という調理器具がおすすめです。

アク取り器の使い道

 
細かい網目になっていて、さらにおたまよりも平らな作りになっています。1回すくうだけでも鍋のアクの大半を取ることができるでしょう。100円ほどで購入ができるので、一家に一つ持っておくと便利なおすすめ調理器具です。
 

骨抜き

 
皿に乗った焼き魚
 
栄養価が高く、食卓に出したい魚料理。でも骨があると気になりますよね。特に小さい子供がいる家庭だと骨つきの魚を出すわけにもいかないので困りますよね。
そんな時におすすめなのが、骨抜きの手助けをしてくれる調理器具です。これがあれば簡単に魚の骨がとれるので、時間をかけずに負担も少なく魚料理を食事に出すことができます。

ピンセットタイプ

 
骨抜きするのに使用する調理器具の一つは、ピンセットタイプのものです。500円ほどで購入することができます。 通常のピンセットよりもやや大きく太めの作りになっています。そのため持った時に手の中にフィットしやすくなっています。形も持ち手がくの字になっているので、調理中で手から落ちにくいです。

プライヤータイプ

 
プライヤータイプとは、ペンチのような形状の骨抜きです。ピンセットタイプよりも少し値段が高くなります。でも魚を毎日食べる人には使いやすく、おすすめの調理器具です。 プライヤータイプは骨を掴む時の力加減がしやすいので、少ない力でも綺麗にとれるのが魅力です。
 

ウロコ取り器

 
魚の鱗
 
魚料理の手間の一つといえば、ウロコ取り。包丁で地道に取る人もいるでしょう。でも時間がかかるし、ウロコが飛び散ったりして大変です。この手間を省くのにおすすめの調理器具がウロコ取り器です。
短時間でスムーズに魚のウロコが取れるので、気持ちいい!やみつきになってしまうような調理器具で料理もはかどります。

ウロコ取り器を選ぶ基準

 
ウロコ取り器には、様々なタイプがありますので自分の使いやすいものを選ぶようにしましょう。 まず素材には、ステンレス、食品用ゴム、ABS樹脂があります。使用頻度がそこまで高くないのであれば、ステンレスがおすすめです。お手入れもしやすいので負担もありません。
ただ刃先が鋭いので心配であれば、安全性を第一に考えて樹脂やゴムにするのが良いでしょう。 初心者や女性の場合は、ウロコを取るのに力が必要です。持ち手がしっかりと握れるものかを確認するのも忘れないでください。また滑りにくいような工夫されているのもおすすめポイントです。 ウロコが飛び散らないようにケースが付いているものも、キッチンを汚したくない人にはおすすめです。
 

絞り器(レモンなどの果汁を絞る)

 
すだちを絞り器で絞っている様子
 
料理やお菓子作りの時に、レモンの果汁を入れたい時ってありますよね。手で絞るとレモンが残ってしまい、絞り切れずに捨ててしまうこともあります。それに力もいるし結構大変です。
そんな時に便利でおすすめの調理器具が絞り器です。実はこの絞り器は種類がとても多く出ています。使用頻度や用途に合わせて、自分に合った絞り器を持っておくと良いですね。

定番の山型

 
居酒屋でレモンサワーを頼むと出てくるような、山型の絞り器です。半分に切ったレモンを押し当てて果汁を絞ります。受け皿もあり使いやすくリーズナブルですが、少し力が必要となるでしょう。
 
栗原はるみさんおすすめの絞り器
 

プレス式

 
少ない力で手も汚さずに使えるのがプレス式の絞り器です。大きなスプーンを重ねたような形になっており、間にレモンを挟んでプレスします。てこの力を利用して絞り出します。レモン意外にも同じ方法で果汁を絞ることが可能です。 山型のものに比べると、大きくて値段も高いです。頻繁に使用する人には良いですが、たまにしか使わない人は山型をおすすめします。

メーカー独自の絞り器にも注目

 
ただの絞り器と思いきや、今はメーカーによって様々な絞り器が出ています。山形のタイプもステンレスではなく、陶器やガラスの素材のものもあるので食卓においてもオシャレです。 また受け皿がそのままカップになっているものもあり、絞ったものをそのままテーブルに並べることも可能です。 小さめにスライスしたものを絞る末広型のプレス式絞り器もあるので、置き場所に困る人には小さ目のプレス式もおすすめの調理器具です。
 

マッシャー

 
机に置かれたマッシャー
 
じゃがいもやさつまいもなど、茹でて潰す料理を作る時。フォークなどで潰そうと思うと意外と潰し残しがあったりして大変です。また小さなお子様がいる家庭で離乳食を作る時にも潰す作業って多いですよね。そこでおすすめとなる調理器具がマッシャーです。

どんなマッシャーがある?

 
マッシャーと聞いてほとんどの人がイメージするのは、棒状のものに網目のついたヘッドが付いているものですね。これはリーズナブルでお手入れもしやすく、かさばらないので収納にも便利です。柔らかく茹でた野菜に押し当てるだけで、簡単にマッシュされます。
もう一つはカップ状になっていて、中に野菜を入れて絞り出すイメージでマッシュする調理器具です。 値段は比較的高くて、大きいサイズなので収納の場所も必要となります。ただ一度に多くの野菜を簡単にマッシュすることができるので、毎日離乳食を作るママにとっては重宝するでしょう。
 

肉叩き

 

 
美味しい肉料理を作るポイントは、最初の下ごしらえが大切です。柔らかくてジューシーなお肉にするには、お肉をたたいて繊維を断ち切る必要があります。そこでおすすめの調理器具が肉たたきです。
フォークで行う人もいますが、きちんと肉たたきを使用することでお肉の食感が変わるのでぜひ使用してください。

肉たたきの種類

 
肉たたきはハンマー型になっていて、重量感のあるものが一般的です。工具のように、お肉にたたきつけるようにするだけで良いので簡単ですね。 でも今はオシャレで機能性の高い肉たたきも多く出てきています。 凹凸と平らの二種類が両面についていて、お肉によって使い分けるものも人気でおすすめです。
例えば豚肉や牛肉は筋があるので凹凸のある部分を使用。鶏肉など柔らかいお肉には平らな部分を使用。他にもレモンやハーブなんかも潰すことができるので、肉たたき以外の用途にも便利です。
 

漏斗

 
漏斗
 
漏斗は聞きなれない調理器具かもしれませんが、キッチンに一つあると使い道も多くおすすめです。例えば鍋で作った出汁なんかを、小さ目の容器に入れて冷蔵庫で保管する時なんかに使用するものです。
大きい鍋から小さい容器に移し替える工程で、こぼしてしまうことって多いですよね。そんな時に漏斗があると、小さい容器に付けるだけでスムーズに移し替えることができます。
 

泡立て器

 
泡立器
 
既に持っている人も多いかと思いますが、調理中に混ぜたり泡立てる時に使用する調理器具が泡だて器です。主にお菓子作りの時に卵白や生クリームを泡立てる時に使用することが多いでしょう、 螺旋形をしていて空気を含ませて泡立てることができます。今では簡単に使用できる電動タイプのものも多く出ています。

手動タイプ

 
一家に一台は持っておきたい調理器具です。安いものであれば100円ショップでも購入することができます。ただ螺旋形の形が使っていくうちに崩れてしまうこともあるので、買い替えも必要になってくるでしょう。 お菓子作りを多く行い、頻繁に使用するという人は、ナイロン樹脂のものやフッ素加工のものもおすすめです。 泡立てていても疲れにくい持ち手になっているものや、混ぜやすい重厚感のあるものもあるので、色々と比べてみると良いでしょう。
 
栗原はるみさんおすすめの泡立器
 

電動タイプ

段階を調整して、用途に合わせて泡立ててくれる電動タイプです。生クリームを泡立てるのって一苦労ですよね。なかなかトロリとした形状にならずに、泡だて器を一生懸命動かして手が疲れてしまう人も多いでしょう。 でもこの電動タイプの泡だて器であれば、ものの一瞬で生クリームが仕上がります。卵白の泡立ても手動では出せないようなキメの細かい液状に仕上げることが可能です。 本物志向でお菓子作りをしたい人や短時間で効率良く調理をしたい人は、電動タイプがおすすめです。
 

フライ返し

 
フライ返し
フライ返しはどの家庭のキッチンにも必ずある調理器具ですよね。フライ返しもピンキリで様々なものがあります。少し値段をかけると、そのぶん使いやすいフライ返しで調理の負担も減らすことができます。
 
栗原はるみさんおすすめのフライ返し
 

バット

 
キッチンに置かれたバッド
 
調理する際に味の決め手となる下ごしらえ。いつも何に素材を乗せていますか?お皿やビニールの上で行っているという人もいますが、それだと調味料がこぼれてしまうこともあります。
それに長く漬け込んで冷蔵庫に入れておくときにも困ることがあるでしょう。 そんな時におすすめとなる調理器具がバットです。大小の二種類くらい持っていると便利でしょう。 下ごしらえはもちろんですが、揚げ物を入れたり、切った野菜を入れて準備しておくのにも使えます。

種類や値段

 
バッドは小さいものであれば100円ショップでも購入ができます。ただ小さいバッドは切った野菜くらいしか入らないですね。できればA3サイズくらいの大き目のものも一つあると良いです。 厚みや大きさのあるものだと1000円ほどで購入が可能です、セットで何種類か大きさの違うものがついたものと一緒に売られていることも多いです。セットで購入すれば、収納もかさばらずにできるので便利でおすすめです。
 

鍋敷き

 
鍋敷きの上に置かれた鍋
 
その名の通り、熱い鍋を置くときに敷いて使用する調理器具である鍋敷き。テーブルなどに直接置くと、熱が伝わってしまうのを防ぐためのものです。しかし今はそんな鍋敷きにもこだわりを持って選ぶ人が増えてきています。
鍋をテーブルに並べる時に鍋敷きがオシャレなだけで、全体のテーブルコーディネートも変わりますからね。ただ敷くものではなく、オシャレで機能性のある鍋敷きがおすすめです。

オシャレな鍋敷きとは

 
まず鍋敷きには布製、木製、シリコン製があります。今人気が高いのは木製タイプのもの。鍋や鉄板などで調理したものをそのままテーブルに並べる時には木製のものの上に置くとオシャレ度が増します。
シリコン製のものは形が丸や三角以外にも、ハートや星形などと形が豊富なので上に鍋を置いても鍋敷きが主張して可愛く見えます。 ご自宅の雰囲気に合わせてオシャレな鍋敷きを選ぶと良いでしょう。
 

缶切り

 
缶切りで缶を切る様子
 
最近は色んな缶詰がありますよね。ツナやコーン、カニやチキンまであります。時短料理をするなら缶詰は欠かせません。そんな缶詰を簡単に開ける調理器具でおすすめなのは缶切りです。
少しの力で簡単に開けることができるので、負担もストレスもかかりません。一家に一本あると便利なので、持っておくと良いですね。

缶切りの種類と使い方

 
一番スタンダードなのは棒状で100円ショップに売られているものです。缶に固定して前後に動かしながら一周させて開けます。使い方は簡単ですが、大量の缶詰を開けるのには適していないです。家庭で数個開けるぶんには、これでも十分でしょう。ワインオープナーが一緒についている物もあるので、セットにしておくと便利ですね。
少し値段は高くなりますが、ステンレス製で握る手持ちがついているタイプも人気です。少ない力でも上手くテコの原理で開けてくれます。栓抜きはついている物が多いので、こちらもあると便利ですね。700円前後で購入できます。 もう一つは刃がついていて、缶に差し込んで開けていくタイプです。値段は1500円しますが、スムーズに開けられるので作業効率は良いでしょう。
 

味噌こし器

 
味噌こし器で味噌をこす様子
 
日本人であれば、1日1回はお味噌汁を飲むという家庭も多いですよね。お味噌汁を作る時に本格的なものを追求するのであれば、味噌こし器という調理器具がおすすめです。
お味噌汁のお味噌を溶かす時、お玉に味噌をとって菜箸で溶かすという人も多いでしょう。それでも簡単に作れますよね。でも味噌こし器を使用すると、味噌の中に含まれている豆やカスなんかを取り除くことができます。 このひと手間をするのとしないのとでは、お味噌汁の美味しさに差が出るわけです。
 
栗原はるみさんおすすめの味噌こし器
 

オープナー

 
オープナーで蓋をあける様子
 
オープナーとは、缶詰や瓶を開けるのに用いる調理器具です。栓を開けるという用途で様々な形態が出ています。オープナーには硬い蓋を開けるものと、ワインのコルクを抜くものとがあります。 握力のない女性は特に持っていると困ったときに助けてくれるおすすめの調理器具です。

オープナーの種類と使い方

 
トングのような形状のものに4つのサイズの滑り止めつきの蓋開けがあるオープナーです。はさんで回すだけで簡単に蓋を開けることができます。瓶の蓋やペットボトルも力を入れずに簡単に開くので、女性も安心です。小さいので持ち運びもできます。
ペンチのような形状で、蓋をはさんで回すことで簡単に開けることのできるオープナーです。手にフィットするので限りなく少ない力でも大丈夫です。
ワインオープナーも急な来客の対応にあるとおすすめの調理器具です。折り畳み式になっていて、コルクにくるくると差し込み抜くことができます。ソムリエナイフもついて便利に使えるものが多いです。
 
栗原はるみさんおすすめのオープナー
 

野菜水切り器

 
水切り器が冷蔵にある様子
 
サラダを作る時、野菜を洗いますよね。そのあとザルに入れて野菜の水切りをしますが、野菜の量が多いとなかなか水切りが上手くできません。そのまま盛り付けをしてしまうと、水分で野菜がしなしなになり美味しさがなくなってしまいます。
そこでおすすめの調理器具が野菜水切り器です。サラダスピナーと呼ぶ人もいます。この調理器具があるだけで、劇的に野菜の水切りが早くなります。 サラダを毎日食べる人は購入をおすすめします。

野菜水切り器の性能

 
ボウルのような形状で蓋があり、上にはハンドルがついているものです。中に洗った野菜を入れて、上のハンドルをくるくる回すことで野菜の水切りが効率よくできます。
 
栗原はるみさんおすすめのサラダスピナー
 

家庭用真空パック器

 
肉を真空パック器で真空パックする様子
 
食品を真空パックすると、鮮度を保ったまま賞味期限を延ばすことができます。お肉も魚も野菜も全部真空パックできたら、食材の無駄を防げますよね。
そこでおすすめな調理器具が自宅で使える真空パック器です。値段は安くないですが、食材の無駄が省けるのであれば長い目で見てお得ですよね。

家庭用真空パック器の良いところ

 
家庭用真空パックにはどんな良いところがあるのでしょうか。 まずは賞味期限を長持ちさせるということですよね。鮮度が5倍も長持ちするんです。また専用の袋ではないと真空パックができないと思っている人も多いですが、製品によっては市販の袋で使えるものも多いです。
カッターもついているので便利です。 湿気の多い夏にはカビを防ぎ、冬には乾燥を防ぐ効果もあります。 大きいので収納に困りそうですが、縦置きできるものもあるので収まりやすいです。 週末に食材をまとめて買いだめする人にもおすすめの調理器具です。
 
アイリスオーヤマの真空パック器
 

キッチングローブ

 
テーブルに置かれたキッチングローブ
 
キッチンって1回でも手を酷使しますよね。特に洗い物は洗剤で手荒れが悪化してしまう人も多いでしょう。冬場のキッチンは乾燥も気になりますよね。 そこでおすすめの調理器具がキッチングローブです。キッチングローブをすれば、手荒れを防いで負担なく炊事することができます。
 

栗剥き器

 
たくさん並べられた栗
 
秋になると食べたくなる栗。今は剥かれて売られているものもありますが、やはり皮つきのものを家で調理して食べるのが美味しいですよね。でも栗の皮は硬いので、剥くのが一苦労。包丁で割れ目を入れて、そこから栗を潰すように押して中を取り出す人も多いでしょう。でも力がいるし時間もかかります。それに中の栗が傷ついてしまいます。
そこでおすすめの調理器具が栗剥き器です。これがあれば面倒な栗剥きもストレスなくできちゃうんです。

栗剥き器の使い方

 
栗剥き器にも様々な形状のものがありますが、安価でスタンダードなものはハサミ状になっているものです。刃がついている方で栗の皮を剥けば、力もかけずに簡単に皮を剥くことができます。意外と大変なしぶ皮まで剥くことができるので、これ一つ持っておけば栗を食べるのに苦労はないでしょう。値段は1000円ほどです。 とはいえ、年に数回程度しか食べないので1000円もかけたくないという人には100円ショップで購入できる栗剥き器もおすすめです。 栗のピーラーのようになっていて、刃で皮を剥いていきます。比較すると大変ではありますが、包丁などで行うよりは簡単です。ある程度の栗皮は剥けるので、持っていると便利です。
 

ピザカッター

 
ピザカッターでピザを切る様子
 
ピザ屋にいくと、切られていないピザが窯からそのまま出てきますよね。それを好きな大きさにカットして食べるのが醍醐味で楽しかったりします。丸いカッターをコロコロと前後に動かすだけでまっすぐ綺麗にピザが切れるのが良いですね。
自宅でピザを食べる時には、通常は包丁で切っていくか食卓にフォークとナイフを置いておき自由に切ってもらうでしょう。でもなかなかピザって上手に切るのが難しいですね。そこでおすすめの調理器具が家庭用のピザカッターです。

ピザカッターの種類

 
ピザカッターといえば、お店で出てくる持ち手に丸い刃がついて転がすタイプのものです。パン作りやパイ生地などにも使えます。値段は1000円未満のものが多いです、 ・自転車型ピザカッターという遊び心のあるものも人気です。自転車の形になっていて、後輪部分に刃がついています。自転車をピザの上で走らせるようにすると、後輪でピザをカットしてくれるんです。ホームパーティで食卓に出てきたら盛り上がりそうですね。値段は700円ほどです。 ・ピザを切る型になっているピザカッターもあります。ピザの上から押しあてれば、綺麗に等分してくれます。ただこれは大きさ限定になってしまうので、注意してください。
 

ガーリックプレス

 
ガーリックプレスでニンニクを潰す様子
 
ガーリックは料理にアクセントを加えるのに欠かせない食材です。むしろガーリックが好きすぎて、ガーリック料理を作る人もいるかもしれませんね。でもニオイが手や服につくと、ずっと取れません。洗っても翌日までガーリックのニオイがしてしまうのは気になります。
そこでおすすめの調理器具がガーリックプレスです。ラーメン屋のカウンターに置かれていたりもするんですよ。 これは家庭にあると簡単にニオイを付けずにガーリックを調理できるので大助かりです。

握って絞るタイプ

 
スタンダードなガーリックプレスは、ペンチのような形になっていて握る力でガーリックを潰すタイプです。使用方法は簡単でおすすめですが、モノによっては力が必要なものやお手入れが難しいものがあります。よく見比べてみると良いでしょう。値段は1000円前後です。

押し潰すタイプ

 
ガーリックの上から押し潰すことで簡単にみじん切りが出来上がります。体重で押すだけなので簡単です。それにキッチンも汚れずお手入れもしやすいので手間も最小限に防げます。2000円以上するものが多く、値段は高いのですがガーリック料理が好きな人にはおすすめです。

回転タイプ

 
ガーリックを容器に入れてくるくるとハンドルを回すだけの簡単なものです。まったくガーリックを触ることなく最後まで調理できるので嬉しいですね。また時間や力も必要ありません。ただ中にはハンドルが動きにくい物もものもあるようです。購入前に細かいチェックが必要となるでしょう。
 

砥石

 
収納された包丁
 
良い包丁を買っても使い続けていると、切れ味は悪くなってきます。どんなに良いものでもお手入れは大切です。そこで持っておくべきおすすめの調理器具は砥石です。包丁に合った砥石を選べば、包丁は買い替える必要はありません。ずっと使い続けていくことができるでしょう。
砥石というと職人が使用しているような、重くて黒い石を思い浮かべる人もいるでしょう。でも今は家庭用の砥石として軽くて使いやすいものがたくさんあります。
 

ABOUTこの記事をかいた人

商品紹介人は商品を紹介する担当者です。できるだけ人気の釣具商品を紹介するので、釣具チェックをしたい方は私の記事をチェックして下さい。