本当に野菜を簡単に切る方法

豊富な種類の野菜

野菜は切るのが面倒と感じる人も多いです。めんどくさいと感じる理由は切る回数です。

一般的な夕食をイメージしましょう。

 

お味噌汁、ハンバーグ、サラダという献立の時、野菜の切る回数は10回以上です。

まず、お味噌汁に入れたネギ。

ハンバーグには玉ねぎを切ります。

サラダは大根、レタス、キャベツ等等。

 

野菜は切る回数が多いので、簡単に切る方法がないのかと悩む主婦も多いはず。

今回は簡単に野菜を切る方法を紹介します。

 



正しい切り方を知ることこそ野菜を簡単に切れる

 

包丁の使い方を学んだ経験を持つ人は少ないです。恐らく多く人は母親が切る姿を見て、それを真似る方が多いです。

見ただけで正しい切り方で包丁を使う人は少ないので、ここでは正しい切り方を紹介します。

 

包丁で正しく野菜を切る

 

正しく野菜を切る説明

 

上記では写真で紹介しています。

まず①ではまな板に向かって包丁を入れます。包丁の先端をまな板に刺すようなイメージです。

そして②は先端がまな板に当たっている状態から素早く手前に引くようします。

特に初めてこの切り方をする人は切りづらいと思う人も多いですが、慣れることで綺麗に切れます。

この切り方をするとまず切り残しがないです。最後まで包丁を入れられるので、切ったのに一部分だけ繋がった状態になることが少ないです。

基本的に切れ味が悪くてイライラする主婦の人も多いですが、包丁が原因ではなく切り方の可能性もあるのでこの機会に見直します。

 

スライサーを購入して野菜を簡単に切る

 

 

ヘルシーな食事の準備をスピーディー・安全にお手伝い♪
ベルナージャーマニーの純ドイツ製スライサー

 

スライサーを使えばそれは卑怯です。切る技術を見直さないでプロのが切るように綺麗に千切りが可能です。

千切りでも面倒に感じる人は多いです。千切りすると具材自体が細かくなるのでまな板が小さいと床にこぼれることも。

まな板による具材のこぼれは下記のサイトで販売している丸型のまな板を使えばカバーできます。

 

 

しかし、千切りは一つひとつが細かいですから何度も包丁を切る動作が必要です。

スライサーであれば、まず包丁でぶつ切りにカットした後、スライスして千切りができるので、私でもいけるかもと思う人も多いです。

 

包丁を買い替えて切れ味の良いものにして簡単に野菜を切る

 

堺英の包丁 堺英

例えば上記の堺英は有名な包丁のブランドメーカーです。

この包丁は以前までは市場に流通することはなく、インターネット通販やホームセンター等で商品として並ぶことはありませんでした。

その理由は職人が直接販売をしてきたからです。

しかし、今では有名料亭や日本でも有数のホテルで働く料理人が使用しており、堺英で料理すればプロと同じ包丁を使えます。

切れ味も他のメーカーに比べて良く、野菜を簡単に切れるようになります。

また、いつも使っている包丁が変われば料理のやる気も高まる人は多いはずです。

堺英の包丁は相場が10000円から20000円になります。牛刀、菜切などの種類によって価格は違います。

包丁を研いで切れ味を良くして野菜を簡単に切る

 

包丁と砥石

 

高価な包丁もあるので、家計に負担を感じる主婦は今はちょっと買えないと思う人も多いです。

使用の包丁によって砥げない種類もありますが、研ぐことで切れ味を蘇らせる可能性も。

研ぐ時はと研ぎ台や砥石が必要ですので、自宅にある方は使うことでゼロ円で簡単に野菜が切れる包丁を手に入れられます。

しかし、砥石がない方は・・・

 

例えばこのような砥石があります。

 

簡易的に研ぐのであれば、有田焼などの瀬戸物があればその瀬戸物に包丁の歯の部分を寝かせるように接触させて研ぐことで一時的に切れ味を改善できます。

しかし、この方法は推奨されている研ぎ方ではありません。もし上記の方法で研ぐ人は自分で責任を持ちましょう。

皮むき器で簡単に野菜を切る

 

皮むき器と野菜が写る写真

 

意味がわからない人も多くいるでしょう。例えば包丁を使うことに面倒を感じる人は包丁を使わずに皮むき器で千切りができます。

野菜の皮を剥くように、野菜の食べられる部分を皮むき器で向けばスライスができるので、千切りぐらいはできます。みじん切りまでできませんが、包丁を使わずに済ませるので、料理の手間を省けるかも。

 

調理用ハサミを使用して簡単に野菜をカット

 

調理用ハサミで千切りやみじん切りはできません。しかし、料理の献立によって千切りやみじん切りをしないで済む料理があります。

それは、カレーです。カレーはざっくり野菜を切るだけで済むので簡単な料理です。ざっくり野菜を切る時は調理用ハサミで十分にカレーで使う野菜を準備できます。

既に切ってある野菜を購入する

 

スーパーでは野菜単体売りやまとめ売りがされていますが、既にカットした野菜が販売されています。

既にカットされた野菜はカットする必要がありません。そのため、切った野菜を簡単に準備できます。

しかし、カットされている野菜は高いです。ですから、家計が気になる人に進められる方法ではありません。

この方法は最終手段にしましょう。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

商品紹介人は商品を紹介する担当者です。できるだけ人気の釣具商品を紹介するので、釣具チェックをしたい方は私の記事をチェックして下さい。