夕飯の献立は王道を選ぶべし!?家族に文句を言わせないぞ!

 

 

今日の夕飯の献立は野菜炒めにするからと家族に告げると、

「米に合わないから夕飯の献立に野菜炒めはない」

「野菜炒めよりもステーキがいいな」

という反論を家族から浴びせられた経験がある人もいるだろう。

夕飯は1日で最後のご飯になるから、特に男性の中にはこだわりがある人も少なくない。

そこでこの記事では家族に文句を言わせない夕飯の献立をさっそく紹介する。

 



夕飯の献立には鯛の塩焼き

 

 

・鯛の塩焼き
・ほうれん草のおひたし
・大根と豚こま肉の炒め煮

 

鯛の塩焼きとほうれん草のお浸しなどの旬の葉物野菜のお浸し、大根と豚小間肉の炒め煮という夕飯の献立は人気かつ王道である。

魚嫌いの子供や旦那、奥様もいるが鯛の塩焼きは好きという人は多い。

その理由は魚独特の臭みが少ないからだ。白身の鯛は青物で知られるブリやカンパチよりも臭みが少なく子供でも食べやすい。

また、日本酒にも合うので、夕飯にお酒を飲む旦那さんや奥様であれば喜ばしい献立と思う人も多いだろう。

鯛の塩焼きを夕飯の献立に入れれば、タンパク質はもちろんだが、カリウムやビタミンB6などが豊富に含まれている。

カリウムはむくみ予防や高血圧予防ができる成分としても知られる。普段から塩分を摂取している方は高血圧になりがちなため、その予防として摂取している人もいる。塩分摂取量に関する詳しい説明は塩分摂取量が多いと身体がボロボロ?で確認しよう。

例えばカリウムが豊富に含まれる食品は鯛の塩焼き以外にも、昆布佃煮
、アボガド、パセリなどがある。

アボガドは食べれるがパセリは食べれないという人もいるが、サプリメントからカリウムを摂取することもできる。

カリウムが摂れるサプリメント

夕飯の献立にしては少しもうボリュームに欠けると思う人は、豚バラ肉かもも肉の野菜巻きで彩り綺麗な夕飯の献立にできる。

巻く野菜は、ニンジンや、冷凍のインゲン等で大丈夫です。

お浸しに関しては今回は王道であるほうれん草のお浸しを紹介したが、その時の季節の旬の野菜等を使用しても良いだろう。旬な野菜は美味しさアップで、夕飯の献立に積極的に取り入れよう。

さらに、夕飯の献立に大根と豚こま肉の炒め煮を加えることで文句を言われる可能性がグッと下がる。

その理由は魚がメインだと男性に中には少し物足りないと感じる人もいるからだ。必ず夕飯の献立に肉がいると思う男性は多い。

そこで登場するのが、大根と豚こま肉の炒め煮だ。肉が入っているからメインが魚料理でも副菜でカバーできる。

 

夕飯の献立には鯖の煮付け

 

 

・鯖の煮付け
・肉じゃが

 

鯖の煮つけに、副菜は家庭メニューの王道の肉じゃがという夕飯の献立はいかがだろうか。

鯖は他の魚に比べ含まれる脂が多く男性の中には夕飯の献立に取り入れて欲しい一品の一つだ。

鯖は塩焼きも夕飯の王道の献立であるが、煮付けも好きな人が多い。

鯖にはコレステロールの抑制やアトピーに効果があると言われるDHAと血栓予防や中性脂肪を減らすことで知られるEPAが豊富に含まれている。

DHAやEPAが多く含まれるサプリメントなども販売されており、摂取による健康効果は高い。

例えば有名なサプリメントに

後藤真希様愛用の葉酸サプリメント

がある。

肉じゃがは日本の夕飯の献立の中でも王道中の王道。
おふくろの味の代表格でもあり、老若男女問わず日本人から親しまれている献立だ。

豚肉が使われていることもあり、ご飯にぴったりで、汁がしっかりと玉ねぎに浸み込めば、玉ねぎもご飯と合う。

夕飯の献立の中に肉じゃがを入れれば栄養もしっかりと取れる。にんじんや玉ねぎ等、具材がたくさん入っているので、冷え性の改善や免疫力の向上などたくさんの健康効果を期待できるだろう。

鯖の煮付けも肉じゃがも醤油味なので、さっぱりとした、きゅうりにモヤシとハムの酢の物をプラスすると食卓が豊かになる。味付けは、青じそド等のサッパリ系のドレッシングを使おう。

夕飯の献立として肉じゃがを作ったは良いが、作りすぎたよとなった時、次の日の献立に活用できる。例えば、肉じゃがは、コロッケになる。グリーンピースを足して作り直せば残った肉じゃがも捨てずに済む。肉じゃがからコロッケのリメイク方法は下記のサイトで紹介されている。

クックパットで紹介されている肉じゃがからコロッケにする方法

 

夕飯の献立には鮭のムニエル

 

 

・鮭のムニエル
・厚揚げとひき肉の辛味噌炒め

 

ムニエル用の鮭をソテーし、付け合わせはタマネギや黄色のパプリカの細切りを炒めれば見た目が綺麗な鮭のムニエルが完成します。

夕飯の献立に頻繁に登場する鮭のムニエルですが、鯖と同様に栄養価が高いお魚として知られている。

鮭は鯖と同様にEPAとDHAが豊富に含まれているため、生活習慣予防ができる。

実際に男性の中にはあまり鮭がメインの夕飯の献立を好まない人もいる。骨が苦手と言われればその時点で夕飯の献立に採用することもできませんが、ご飯に合わないと感じる男性も多い。また、ボリュームが少ないと思う男性も少なくない。

そのような夫やお子様をお持ちのご家族は副菜に、厚揚げとひき肉の辛味噌炒めを夕飯の献立の中に取り入れてみてはどうか。

厚揚げとひき肉の辛味噌炒めはひき肉を使用するが、すぐに火が通るし、ひき肉でもボリュームがあるので、男性の中には鮭のムニエルと副菜に厚揚げとひき肉の辛味噌炒めがあれば満足する男性も多い。また、厚揚げは出汁を吸い込んでくれるから、厚揚げが好きな男性も多い。しかし、ひき肉は他の肉もパンチがないので、文句を言われることが予想されるのなら、夕飯の献立の副菜には別の副菜を選択した方がいいだろう。

最後に細かく刻んだネギを加えてあげれば彩りもよく見える。

更に夕飯の献立としてもう一品加えたい方は大根と人参で即席のおなますがあるとさっぱりするだろう。

ちなみに即席とはその場ですぐに作れる利用のことだ。

 

夕飯の献立には海鮮丼

 

 

・海鮮丼
・茶碗蒸し
・葉物野菜の胡麻和え
・アサリのお吸い物

 

すし飯をつくり、白ゴマと大葉の千切りを混ぜます。その上に、家族の好みのお刺身を小さく切り、ごはんの上にきれいに並べる。

例えばマグロや鯛、イカなどのお刺身を入れると季節に関わらずスーパーで販売されているから、旬なお魚を使わなくても海鮮丼を作ることができる。

夕飯の献立で海鮮丼はボリュームもあるし、調理の手間も少ない。きざみのりも加えるとさらに美味しく頂ける。また、家族によっても違いが生じるが、お子様がいないご家庭では多めにわさびを加えると魚の臭みを大幅に少なくできる。

余裕があれば、茶碗蒸しもプラスする。具材は、こだわらず少しづつ残っているものを入れれば以外な美味しさになります。もし、作るのがめんどくさいと思う奥様や旦那様もいるが、スーパーで既に作られた茶碗蒸しが売っている。1個98円とか120円とか安価だから家計が厳しい時でも買えるだろう。

あとは、葉物野菜の胡麻和え等と、アサリのお吸い物をつければばっちりです。白味噌の味噌汁でも問題ないが、お吸い物の方が更にあっさりしている。即席でキュウリや白菜の塩もみを添えて下さい。

 

夕飯の献立は唐揚げ

 

 

・唐揚げ
・豆腐サラダor湯豆腐orキャベツの千切りサラダ

 

夕飯の献立の王道である唐揚げだ。鶏肉の他、酢豚用の角切りでも十分いける。

しかし、少し面倒であると感じる人も多い。何故なら唐揚げは揚げ物だからだ。揚げ物は油を準備して。温まったところで揚げるが、揚げる前の準備もそうだが、後片付けも面倒だ。

なぜなら水のように油は排水口に流すことができないからだ。もし排水口に流せば配管劣化のリスクが高くなる。直接排水口に流すことができないので、新聞紙などに染みらせて処分をするご家庭が普通だ。

面倒だと思う人はこの夕飯の献立に唐揚げの選択はやめよう。または、できあいで済ませるという方法もあります。

スーパーでは唐揚げのできあいが販売されている。基本的に時間が経過しているできあいが販売されていることが多く、冷え切った状態で出すと家族に文句を言われる可能性がある。

二度揚げも面倒だから、このような時はオーブンやグリルを活用しよう。グリルにできあいの唐揚げを入れて、ひっくり返しながら温めればパリッとした食感になるから家族から文句を言われないだろう。

電子レンジで温めるのは控えた方がいい。電子レンジで温めると水分の影響でパリッとした食感がなくなり、グチャとして食感になるので美味しくない。

副菜は、揚げ物にあうさっぱり系の豆腐サラダや、季節によっては、湯豆腐がいいのではないか。

豆腐サラダや湯豆腐が嫌いな方は、シンプルなキャベツの千切りサラダという選択肢もある。きゅうりや缶詰のコーンを合わせてマヨネーズで味付けします。ジャガイモの千切りとしめじ等のキノコを炒めて、とろけるチーズを最後に混ぜるとボリュームアップします。最後に青のりをふりかけて下さい。

 

夕飯の献立はとんかつ

 

 

・とんかつ
・和風サラダ
・きんぴらごぼう

 

夕飯の献立の王道の家庭料理はとんかつです。とんかつに大根おろしをかければあっさりと食べられる。また、ごまを入れたソースで食べれば王道のつけダレになる。ガッツリと食べたい時にはソースが最適。

千切り大根ときゅうりを青じそ又は、玉ねぎドレッシングで和えた和風サラダを添えて下さい。

もし時間があればゴボウ、レンコン、人参等できんぴら料理を追加しよう。又は、ひじきと水煮の大豆や人参で煮物を付け合わせにするとバランスもよいかと思われる。ひじき煮は、次の日に混ぜご飯や厚焼き玉子に混ぜてもいいだろう。

 

夕飯の献立は焼肉

 

 

・焼肉

 

焼肉はボリュームがあり、老若男女問わず好きな人が多い。ビールとの相性も良くお酒好きのご家庭でもお酒を飲みながら食事ができる。

焼肉は料理も簡単で、焼肉用に捌かれたお肉を購入し、そのお肉をお皿に盛り付け、野菜を切れば完了だ。

野菜にはキャベツ、しいたけ、玉ねぎなどが一般的だ。

焼肉は結構お金がかかる。そのため、スーパーでの購入は1万円を超える。安く買うためには精肉店を利用すると良い。スーパーで3000円を超える飛騨牛や松阪牛のお肉も精肉店で購入すれば、100gあたり1000円程度で購入できる。

近くに精肉店がないご家庭はネットを利用すれば安く買える。精肉店で松阪牛を専門に扱うショップがあるので、下記にリンクを紹介しておく。

 

松阪牛を専門に扱うショップ

 

 

 

夕飯の献立は麻婆豆腐

 

 

 

・麻婆豆腐
・餃子
・かに玉あんかけ

 

夕飯の献立に麻婆豆腐を入れている人は多い。理由はたくさんあるだろうが、簡単に作れるとかご飯にかけれるとかが考えられる。

餃子もスーパーによっては既に皮に包まれている商品もあるから、1から作らなくても良い。皮を包むところから作るとその家の好きな味付けができる。

例えば生姜を入れたり、にんにくを多めになどなど。

白菜を入れて水分を増やす方もいる。

かに玉あんかけはパッケージで売られているから作る手間も少ない。

 

夕飯の献立はお鍋

 

 

 

・鍋

 

冬の夕飯の献立と言えばお鍋です。味噌味、醬油味、キムチ味、水炊きでポン酢と色々な味で楽しめる。具材もほとんど何でも大丈夫です。

白菜等の野菜と鶏肉、豚肉、魚等様々に変えることが出来る。牛肉だとすき焼き風にもなる。

最初に水炊きのポン酢で食べ、次の日は味を変えるのがお勧めだ。

その時はちょっとだけ葉物野菜を新たに加えると、又新鮮な味を楽しる。

副菜は、もずく等の酢の物や、即席のキャベツの漬物であっさりしたものがよいでしょうか。長いもの酢の物や、すりおろしもよいかと思います。デザートは、プレーンヨーグルトにみかんやパインの缶詰を加えてみて下さい。

少々のマヨネーズを隠し味にどうぞお試しください。

 



 



 

和洋中合わせた献立