疲れが吹っ飛ぶ食べ物

 

疲れている女性の写真

 

 



柑橘類

 

オレンジを絞った写真

 

柑橘類の食べ物は、疲れに効く食べ物です。

まず柑橘類の代表的な食べ物とは、みかん、グレープフルーツ、レモン。甘みよりも酸っぱさのある果物です。

柑橘類が疲れに効く理由

 

柑橘類にはクエン酸が多く含まれています。柑橘類が酸っぱいのも、このクエン酸の成分によるものです。人間に必要となるエネルギー作りには必要不可欠な成分です。

またクエン酸は疲労の原因となる乳酸が作られるのを抑え分解してくれるので、疲労回復の効果もあるのです。

特に疲れに効く柑橘類とは

 

柑橘類の中でも一番疲労回復効果が高いのはレモンです。レモンのクエン酸は疲れて消耗したグリコーゲン回復させてくれます。

さらに新陳代謝がさかんになることで老廃物を排泄し、血液を新しいものにしてくれます。代謝がさかんになることで内臓のそれぞれの器官の働きもよくなるので、疲れがとれる効果もあるのです。

もし簡単にクエン酸を摂取したい方はクエン酸が豊富に含まれる越後の黒酢を取り入れると良いでしょう。

 

 

豚肉

 

豚肉が更に並べられた様子

 

疲れた時には豚肉を食べると頭も体も元気になります。豚肉は嫌いな人はほぼいませんよね。美味しくて料理にも合う。

そして疲れもとれるなんて最高の食べ物ですね。

豚肉が疲れに効く理由

 

豚肉には多くのビタミンB1が含まれています。ビタミンB1は糖質の代謝を促してくれる役割があります。また新陳代謝も促して、乳酸の排出を行うにもビタミンB1の働きは重要です。

豚肉の中でも特にヒレ肉には多くのビタミンB1が含まれています。豚ヒレ肉を150g摂取すれば1日に必要な量をとれるほどなんです。
疲れを感じた時には、ぜひ意識して食べてみてください。

より効果的な組み合わせ

 

豚肉は疲れに効果のある食べ物ですが、食べ過ぎてしまうと疲れの原因になる場合もあります。焼肉を食べすぎるとグッタリしてしまった経験のある人もいるでしょう。

豚肉を食べすぎるとピルビン酸という疲れの元がたまってしまうのです。 これにはクエン酸が効果的です。クエン酸をとるとビルビン酸をクエン酸に変えてくれます。乳酸を分解して排出してくれるので、疲労回復につながるんですよ。

豚肉を食べる時にはクエン酸を組み合わせるとより高い効果が期待できるということです。

 

 

ブドウ糖

 

食事で食べたごはんなどは消化されて、ブドウ糖になります。ブドウ糖は身体に必要なエネルギー源となるものです。特に脳のエネルギー原としては唯一の成分とされています。
つまりブドウ糖が不足してしまうと、脳のエネルギーが足りなくなってしまうわけです。そのため集中力や思考力が低下します。

ブドウ糖の良い摂取方法

 

ブドウ糖は肝臓でエネルギーになります。ただこれにはビタミンB1がなくてはなりません。もしビタミンB1が足りずにエネルギーにならないと、乳酸となってしまい疲れの原因を作ってしまうことになるのです。

ブドウ糖を効率良くエネルギーにするには、ビタミンB1を一緒に摂取することです。先ほど紹介した豚肉もビタミンB1が多いので、一緒い摂取するのがおすすめです。

現在ではスムージでブドウ糖が摂取できるそうです。特にブドウ糖が多く含まれるスムーズはお寝坊女子めざましスムージーです。

お寝坊女子のめざましスムージー

 

酵素を含む食べ物

 

キャベツなどの酵素を多く含む野菜

酵素とは、人間の体の中で作られるタンパク質の一緒です。細胞内で作られるもので、消化や呼吸を助けてくれる効果のあるものです。

酵素の効率的な摂取方法

 

酵素を含む食べ物には大根、キャベツ、やまいもがあります。果物では、パパイヤ、キウイ、パイナップル、リンゴが多いです。もちろん他の野菜や果物にも多くの酵素が含まれています。

ただポイントとなるのは、熱を与えないということです。酵素は生で食べないと意味がありません。50℃以上の熱を与えてしまうと働きがストップされてしまいます。また時間が経過すると効果が失われてしまうので、鮮度が大切となります。食べる直前に調理すると効果的でしょう。

サラダや酢の物にして食べるのがおすすめです。今流行りのスムージーも酵素を摂取するには良いでしょう。

また、いちずな酵素は酵素ゼリーで、ゼリーから天然酵素を摂取できるので、今人気の健康食品です。

いちずな酵素

 

魚介類

 

ザルの上にイワシが乗せられた写真

疲れを回復するにはビタミンB群が必要です。このビタミンB群が多く含まれているのが魚介類です。

ビタミンB1

 

糖質をエネルギーに変えるために必要となります。また疲労の原因となる乳酸を代謝するのにも必要です。

ビタミンB2

 

糖質をエネルギーに変えるために必要な栄養です。

ビタミンB6

 

糖質と脂質をエネルギーに変えます。タンパク質の代謝にも必要です。

他にもある魚介類が疲れに効く理由

 

魚介類にはタウリンが多く含まれています。このタウリンは肝臓機能の調整をしてくれます。肝臓機能の働きが悪くなると、有害物質が肝臓にたまってしまうので疲れやすくなるのです。それを助けてくれることで疲れにくい身体になるのです。

このように魚介類のビタミンやタウリンに魅了される人も多いですが、食事から摂取することは面倒と思う人も多く、下記のような豊富なビタミンが詰め込まれた別名、ビタミン爆弾と呼ばれるサプリで代表すると身体に必要なビタミンの摂取が期待されます。

 

 

にんにく

 

にんにく

 

疲れて元気がない時にはにんにくパワーをチャージすると良いというのは有名ですね。では、にんにくが疲れのとれる食べ物の代表となっているのはどのような理由からなのでしょうか。

ビタミンB1

 

ビタミンB1は疲労回復に欠かせません。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換してくれます。これができないと疲労はたまる一方となるのです。にんにくは、ビタミンB1の吸収率を高めてくれます。そして貯蓄する効果もあるのです。

酸化ストレスを軽減する

 

体内に発生した活性酸素が細胞を傷つけることを酸化ストレスといいます。これが疲労や老化にもつながってしまいます。

にんにくには、活性酸素を除去する強力な抗酸化作用の効能があります。それがにんにくを食べると疲労回復する大きな要因となっています。

クエン酸を多く含む食べ物

 

梅干しがお皿に乗った様子

 

身体が疲れを感じる原因となるのは、体内に乳酸がたまってしまうからです。クエン酸はこの乳酸を排出してくれる効果があります。

またもう一つの疲れの原因になるのは細胞がダメージを受けてしまっているからです。この細胞のダメージを回復させるのに必要なのがクエン酸となるのです。

クエン酸は酸っぱい食べ物に多く含まれています。クエン酸が含まれる代表的な食べ物には梅干しがあります。

疲れを感じた時には酸味のあるものを意識して食べるようにすると良いでしょう。

 

肉厚たっぷりジュ~シ~梅干し!
こんな大きなうめぼしがあったなんて 紀州梅干し専門店の贅沢「お試しセット」送料無料1500円
『福梅本舗』