お腹にいい食べ物を紹介します

 

 

腹痛を感じる女性

大根

 

綺麗な大根

 

大根は胃腸が弱っている時、お腹にいい食べ物として最適な食材です。なぜ大根がお腹にいい食べ物なのかをここから紹介していきます。

大根の栄養

 

大根にはビタミンA、ビタミンC、食物繊維、フラボノイド、カリウム、カルシウム、葉酸と多くの栄養が含まれています。

特に大根の食物繊維に含まれているジアスターゼは消化をサポートしてくれる栄養として注目されています。

ジアスターゼには、消化不良、胃酸過多、二日酔い、せき、打ち身、頭痛、発熱、ニキビ、冷え性、がん、動脈硬化、胃腸炎、便秘とその薬効は多数あります。

大根が嫌いな人は大根以外のお腹にいい食べ物を取り入れるか、今話題の『痩せ菌』サプリメント【スマート菌活(しまのや)】 などのサプリメントで身体をサポートします。

大根がお腹にいい食べ物となる理由

 

大根の根の部分には、でんぷんの消化酵素であるジアスターゼが多く含まれています。この成分が消化を助け、胃の動きを整えてくれます。

また大根の絡み成分のアリル化合物にも、胃液の分泌を高め、消化を促してくれる働きがあります。胃酸を中和してくれる働きもあるので、胃のもたれなども改善してくれるのです。

大根のおすすめ調理

 

お腹にいい食べ物の大根をより効果的に口にするためには、大根おろしがおすすめです。大根に含まれる酵素はすりおろすことで倍増するからです。

またビタミンは熱に弱いので、生の大根であることもポイントとなります。時間がたつと酵素が減ってしまうので、食べる直前にすりおろすと良いでしょう。

梅干し

 

梅干しがお皿に乗った様子

 

大好きな人と苦手な人に分かれる梅干しですが、実はとってもお腹にいい食べ物なんです。では梅干しについてみていきましょう。

梅干しの栄養

 

小さな梅干しの中には栄養がたくさん詰まっています。クエン酸、食物繊維、カリウム、ナトリウム。1日1個を目安に食べると、毎日を元気に過ごす活力となるでしょう。

梅干しがお腹にいい食べ物となる理由

 

梅干しの中に含まれているカテキン酸には、抗菌殺菌の作用があります。これは腐敗防止や食中毒予防にも役立ち、同時に整腸作用まであるのです。お弁当に梅干しを入れておくと安心ですね。

また梅干しのクエン酸は便秘解消にも効果があります。体内の酸性をアルカリ性に変えてくれてぜんどう運動を誘発するので便秘が改善していきます。

梅干しのおすすめ調理

 

梅干しは調理せずにそのまま食べるのが一番です。ただ塩分が多いので食べすぎには注意。1日1個を目安に取り入れるようにしてください。

 

肉厚たっぷりジュ~シ~梅干し!
こんな大きなうめぼしがあったなんて 紀州梅干し専門店の贅沢「お試しセット」送料無料1500円
『福梅本舗』

 

バナナ

 

皮を剥いたバナナ

バナナは朝ごはんには最適のお腹にいい食べ物です。甘くてカロリーが高いように感じますが、実は低カロリーであり栄養も抜群の嬉しい食べ物なんですよ。

バナナの栄養

 

バナナは実にバランス良く栄養が含まれています。タンパク質、カリウム、マグネシウム、ビタミン、ナイアシン、葉酸、食物繊維、ポリフェノール、セロトニン。これらはお腹にいいだけでなく、美容や健康にも大きな効果があります。

バナナがお腹にいい食べ物となる理由

 

バナナは消化しやすい食べ物としても有名です。胃が弱っている時に、消化が悪い食べ物を食べると胃が悲鳴をあげてしまいます。そんな時は消化しやすいバナナを食べると胃も安心、さらに栄養も摂取できるというわけです。

またバナナは抗酸化力が高いのも特徴です。酵素は胃腸を整えてくれますし、食物繊維は便秘解消にもなります。

 

ノニと酵素で美容+健康!伝統酵素+ノニ酵素のW酵素『ノニプラス酵素』

 

納豆

 

箸でかき混ぜられる納豆

納豆は美容にいい食べ物として女性に人気があります。でも実はお腹にいい食べ物でもあるんです。納豆にはどのような働きがあるのでしょうか。

納豆の栄養

 

納豆は栄養の宝庫です。タンパク質、ビタミン、カリウム、マグネシウム、鉄分、食物繊維、カルシウム。これらの栄養が1パックでたくさん摂取できます。

納豆がお腹にいい食べ物となる理由

 

納豆は消化に良い食べ物です。消化酵素が多いので、すぐに消化をしてくれて胃の負担を減らすことができます。また整腸作用もあり、善玉菌も増やしてくれます。

納豆のおすすめ調理

 

納豆菌は熱に弱いのが特徴です。調理はせずに納豆のままで食べるのが良いでしょう。

また熱いご飯に混ぜてしまう人もいますが、できれば納豆単体で食べる方が良いでしょう。混ぜれば混ぜるほど納豆菌が増加しますので、ネバネバが多くなるようによく混ぜてから食べてください。

 

 

リンゴ

 

複数のリンゴが重なった様子

 

リンゴダイエットが流行った時期もあるくらい、リンゴ1個だけでも栄養のある優秀な食べ物です。またリンゴはお腹にいい食べ物としても優秀なんですよ。

リンゴの栄養

 

リンゴを食べれば医者いらずといわれるくらい高い栄養が豊富に含まれているリンゴ。特にビタミンが豊富でビタミンA、E、B1、B2、B6、Cとすべて入っています。他にもナイアシン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、食物繊維も豊富です。

リンゴがお腹にいい食べ物となる理由

 

リンゴには食物繊維の一種であるペクチンが含まれています。この成分には便秘解消の効能があります。またペクチンは腸内を酸性にして善玉菌を増殖させて、腸内環境を整えてくれる効果もあるのです。

リンゴのおすすめ食べ方

 

リンゴは皮をむいて食べる人も多いですが、実は皮にも多くの栄養が含まれています。できれば皮ごと丸かじりにするか、輪切りにして食べてください。

 

青りんご味のおいしい青汁ゼリー

 

ヨーグルト

 

お皿に入ったヨーグルト

 

毎日食べたい健康食品であるヨーグルト。お腹にいい食べ物としても代表的なものの一つです。またそのまま食べることができる手軽さも人気の秘密ですね。

ヨーグルトの栄養

 

タンパク質、脂質、ミネラル、ビタミン、カルシウムと豊富な栄養があります。

ヨーグルトがお腹にいい食べ物となる理由

 

ヨーグルトは乳酸菌の働きでお腹の調子を整えてくれます。また腸内の有害物質を抑えて免疫力を高める効果もあります。

ヨーグルトのおすすめ食べ方

 

市販されているヨーグルトには様々な種類がありますよね。種類によって栄養価は多少異なりますので、よく調べてみてください。できればプレーンタイプのものを選び、そこに果物をプラスして食べるのがおすすめです。