だるさを感じる人がやっておきたい解消するための方法

 

 

なぜか毎日身体のだるさを感じる。

このだるさのせいで仕事や家事に力が入らない。

だるさに悩みを感じている人は多いですが、結構簡単に解消できます。

生活スタイルを少し変えるだけで、今まで生活に取り入れていないものを行うだけで解消できるかもしれません。

だるさを解消する方法はたくさんありますので、以下に紹介します。少し主観的な方法もありますので取り入れれそうなものだけ試してみてはどうですか。



まず熱測れよ

 

 

発熱している状態で下記の方法を行うと逆に悪化する可能性があります。発熱をしている人は病気の可能性もありますよ。

風邪でだるさを感じるのは当たり前ですから、熱ある人は病院に行きましょう。

とりあえず風呂入るか

 

 

海外ではあまりお風呂に入る習慣がないようですが、多くの日本人は毎日お風呂に入りますよね。

冬は温度が低いのでもちろん入浴する人が多いですが、お風呂が好きな方は夏も入る人が多いです。では何故お風呂がだるさ解消に効果があるのでしょうか。

その理由は浮力作用によるリラックス効果が挙げられます。だるさは決して疲れなどから来るのではなく、精神的なストレスから引き起こされることが多いです。

入浴によってプカプカと浮くことで体重は約9分の1になるそうです。筋肉や関節は9分の1だけの体重を支えればいいので、緊張が緩みます。

その御蔭でリラックスできるというわけです。

当たり前ですが、入浴をすれば、筋肉の凝りをほぐす効果も期待することができますよ。

また、お仕事や家事で溜まりに溜まった身体の老廃物や疲労物質を外へ排出する効果も期待することができます。

少しのだるさを解消するためにすぐにお薬に手を出す人もいますが、まずはお風呂に入って疲れを取り除きましょう。それでだるさが取れるなら絶対に手軽で、お得ですよ。



はちみつ取り入れよ

 

ロイヤルゼリーなどはちみつが紹介される機会は多いですよね。

はちみつは口内炎の治療をケアをサポートする効果や、傷の治療に効果があることで知られていますが、疲労回復効果も得られます。

だるさは疲労から引き起こることが多いので、解消するために活用できますよ。プロ野球選手や有名なスポーツ選手もレモンにはちみつを漬けて食べている人もいます。

学生の時代に野球部の人が持ち歩いていたことを覚えています。レモンには梅干しと同様にクエン酸が含まれています。このクエン酸を摂るこで疲労回復効果を得られるというわけですね。

はちみつには疲労回復効果の他にも様々な効果が得られるので家の棚に入れておいても損はないんじゃない。

一日スプーン一杯から始まる、美肌、健康活性。NATURAL ORCHESTRAの「プレミアムオーガニック ジャラハニー」

禁煙してみるか

 

 

禁煙をすることでその身体のだるさを解消できるかもしれません。喫煙は皆も知っている通り身体に良いものではありません。

日本の喫煙率は徐々に下降傾向にありますが、今でも吸っている人は多いですよね。

加熱式タバコの登場で煙の臭さは少なくなりましたが、ニコチンを摂取していることには変わりはありません。

禁煙をした人であれば理解できるでしょう。実際に吸っていた頃と禁煙後の今では全く身体のだるさが変わります。喫煙することで身体がだるくなる理由は血管の収縮によるものらしいですよ。

これにより血液の流れが悪くなりますから、心臓に血液が円滑に循環しないことで「だりい」と感じるようです。

喫煙者がだるさ抜くなら禁煙しましょう。

カリフォルニアで大流行中!ハイエンド電子タバコ【JPvapor】

ジョギングとか運動してみるか

 

 

例えば運動とはジョギングなどですね。筋力トレーニングは筋肉に負荷をかける運動です。

だるさ解消のためには筋力トレーニングではなくジョギングが効果的です。筋力トレーニングには負荷をかけることで身体に乳酸を蓄積させるのに対して、ジョギングは逆に乳酸を取り除き疲労回復できる効果を期待することができます。

乳酸が溜まると疲れやすくなりますから、スポーツ選手の中には定期的に疲れを取るためにトレーニングの中に取り入れています。

また、プロ野球選手を例にしますが、ピッチャーは中5日、中6日で試合に出なければなりません。

あの硬式ボールを投げるのには相当な体力が必要です。また、筋力にも大きな負荷がかかります。プロ野球選手のピッチャーの中には常時160キロを超える球を投げられる人もいます。

160キロを超える球を投げるためにはどれぐらいの負荷が筋肉にかかるのでしょうか。

 

少し余談となりましたが、負荷がかかるということはその分乳酸が溜まります。疲労を残して登板をするとGoodな成績を残すことができない場合があるため、定期的に球場の内の外野でランニングをしているピッチャーが多いのです。

体力を付けるためと思っていた方、それも一理ありますが実は疲労を取り除くためにランニングをしているプロの選手は多いのですよ。

 

もしジョギングにハードルの高さを感じる人もいますよね。学生であれば体育の授業で走らなければならないですが、大人になれば別に仕事してればいいですもんね。仕事の種類にもよりけりですが、デスクワークの人は最悪ですね。だって動かない時間が圧倒的に長いからね。

そんな人はウォーキングでもよしです。でも有酸素運動は20分以上行う必要があるので、だるさを解消させるために運動するのなら20分以上のウォーキングをお勧めします。



とりあえず寝てみるか

 

 

睡眠は人間が生きる上で重要ですよね。でも睡眠がしっかり取れないという人も多いはず。仕事から帰ってきてすぐに寝る人は少ないよね。

まず帰宅したらご飯食べて、それからダラダラとテレビ見て、気づいたら夜中の12時超えてんじゃんということも。

睡眠不足をすると当たり前ですが身体が休む時間が少なくなるので、内臓にも負担をかけます。

そのため、結果的に疲労が身体に蓄積してしまいだるさを感じることになります。また、夜更かしをしてお肌がボロボロなんてこともあるでしょう。

寝られるけどダラダラと過ごしちゃうという人は、テレビは録画をして休日にまとめて見たりしてなるべく早めに寝られるように工夫をすればだるさを解消したり予防ができるかも。

布団に入っているのに寝られないという人もいるよね。不眠症まで行かないけど寝るまでに時間がかかる人は対策として3つの方法があります。

朝にお庭やベランダに出て太陽を浴びる

 

 

太陽を浴びることで体内時計を正常な状態に戻してくれるので、なかなか寝付けない人は効果を得られるかも。

規則正しい食生活をする

 

規則正しい生活をすることで、寝やすい身体に整えることができる。朝、昼、晩できるだけ同じ時間にお食事をします。

10時間と11時間とか長い時間寝ない

 

明日は休みだから目覚ましをOFFにしてゆっくり寝ようなんて思っちゃ駄目です。長く時間寝ると次の日起きられなくなるじゃん。

徐々に寝る時間が遅くなるので、次の日にお仕事がある時、結果的に寝不足になるなんてことも。



それ二日酔いじゃない?

 

 

お酒は楽しい時間を過ごすのには欠かすことができない飲み物です。でも飲み過ぎると次の日「頭痛い」、「寝起きが辛い」と思うことも。

二日酔いになれば当たり前ですが、だるさを感じることになりますよね。あまり飲みすぎてなくても休肝日が少ない人は肝臓の機能が低下していれば身体が疲れやすくなることもあるので要注意です。

もし最近飲み過ぎではないかと思う人はメジャーなしじみを摂取して肝臓をサポートしてあげましょう。

健康食材しじみ

あまり肝臓機能の低下が重症でない人は休肝日を入れるだけでだるさが解消されることもあります。

しっかりと栄養あるもの食ってる?

 

 

現代人の食生活は悪くなりがちです。なぜなら外出すれば外食できるお店がたくさんあるから。

立ち寄れば、美味しい料理が出てくるから、気づけば同じものばかり食べている。そのような人も少なくないはずです。

食事が偏ると身体に必要な栄養が不足するので、疲労回復がしづらくなり結果的にだるさ感じてしまうこともあります。

だるさを解消するためには食生活を見直すことで効果を得られるかも。

ビタミンB群が豊富に含まれている食べ物

 

ビタミンB群は栄養をエネルギーに変換する変換器です。

つまり、ビタミンB群が少ないと変換する機能が低下するので栄養素をエネルギーに変換することができなくなります。

結果的に身体の中にエネルギーが減ります。エネルギーがないと力がなくなるのでだるさを感じることになります。

ビタミンB群は「群」と表現されているように、様々な種類があります。ビタミンB1やB2などです。

ビタミンB群を摂取する方法は基本的に食事からになります。どのような食材にどのようなビタミンB群が豊富に含まれるのでしょうか。

ビタミンB1が多く含まれる食べ物

 

・うなぎ

・豚肉

・たらこ

・ナッツ

幻の最高級銘柄豚【藏尾ポーク】

ビタミンB1を豊富に含む食材は4つあります。

ビタミンB1は主に脳や神経の働きを正常に保つために必要な栄養素であるとされています。だるさとは関係ないじゃんと思われがちですが、頭の使いすぎや神経の乱れはだるさを感じやすくなります。

そのため、もし脳や神経を正常に保つことができれば、解消できるかもしれません。

うなぎは相場が下がっている傾向にありますから、一般家庭でも食べやすくなっています。

ビタミンB2が多く含まれる食べ物

 

・レバー系(鶏レバー、牛レバー)

・うなぎ

・牛乳

手作りケフィアヨーグルトセット

ビタミンB2は糖質を変換する役割を担います。

これによって身体にある有害物質を外に出す機能がありますが、この栄養素が低下すると有害物質が身体に溜まり疲れやすくなります。

ビタミンB6が多く含まれる食べ物

 

・かつお

・まぐろ

・ばなな

・秋刀魚



タンパク質をエネルギーに変換するのがビタミンB6です。

これが不足するとイライラや気分の落ち込みにより精神を正常に保つことが難しくなり、精神の異常からだるさを感じることになります。

その他にも免疫力の低下などあらゆる健康障害を与えます。

ビタミンB12が多く含まれる食べ物

 

・レバー系(鶏レバー、牛レバー)

・牡蠣

・秋刀魚

・あさり

・にしん

赤血球の生成を助けるのがビタミンB12です。

鉄分が豊富に含まれている食べ物

 

体内に必要な鉄分が十分にないと、血液中にヘモグロビンが減って、血液の中は酸素不足と同じ状態になります。

この状態に陥ると細胞の非活性化が起こり、疲労が溜まりやすい状態になります。

そしてだるさを感じます。鉄分が多く含まれる食材は下記のような食材です。

・レバー

・パセリ

地養卵の卵黄

・納豆

・わかめなどの海藻類

ミネラルが豊富に含まれている食べ物

 

ミネラルは人間の身体に必要など5大栄養素の一つです。ミネラルが不足するとだるさを感じやすくなります。

ミネラル不足が原因でだるさを感じる方が解消できる食べ物は下記です。

・牛乳

・豆腐

・納豆

・海藻類

このように見ると納豆はすごいですね。

鉄分もミネラルも豊富に含まれているのですから。

酵素が豊富に含まれている食べ物

 

酵素が不足しているとこれもまただるさを感じやすくなります。

・果物

・生野菜

などを摂取して日頃から酵素を摂取するようにしましょう。

サプリメントを使って栄養を摂りだるさを解消

 

 

だるさを解消するための食べ物を紹介しましたが、毎日摂るのは難しいのでサプリメントに頼っている人もいます。

今では豊富な種類がありますよね。例えば下記のようなサプリメントです。

【ヴェーネデトシア】

これらのサプリメントはどれもだるさ解消をサポートしてくれるので、取り入れたい方は取り入れてみてはいかがですか。