スクータージャンル別ランキングTOP5

チックスマート


ジャンル別にスクーターランキングを5位まで紹介する。

ジャンルは手動スクーターと電動スクーターだ。

それぞれの商品の価格、安全性、機能なども紹介している。

下記が各ジャンルのスクーターランキングだ。  
  

手動スクーターランキングにランクインした商品の説明


では早速ランキング紹介した商品の価格や特徴を紹介する。まず手動スクーターの1位にランクインしたのはラングスジャパンだ。



1位 ラングスジャパン(RANGS) リップスティック デラックスミニ


ラングスジャパン

価格 ¥7581

√ 安全性 A
√ 価格 B
√ 機能性 C
√ 耐久性 B

このスクーターは全米で100万台を突破した人気商品だ。
おもちゃのスクーターとしてスケートボードがあるが、スケートボードは自分の足で地面を蹴りながら進行方向に進む。

一方でRANGSはからだをひねりながら進む昔ではなかったスクーターだ。基本的に子供が使うことが多い。街中では実際にこのスクーターで遊んでいる子を見かける。

息子や娘に買おうと思われている方も多いだろうが、この商品の安全性はAで比較的高評価だ。理由を述べなければ安全性の評価を信用しない人もいるだろう。安全な理由は下記の3つ。

1.ベアリングには性能の高いABEC7

2.ダンパーに衝撃吸収機能を採用

3.キャスターにアルミニウムを採用

などが挙げられる。子供に与えれば実際に街の中にそれを持ってスクーターですべることになるから、衝撃や転んだ時の怪我を心配する親は多い。
価格は¥7581と子供に与えるプレゼントとしては少し高めだ。このスクーターはハニカム構造を採用しているから耐久性も他の商品と比べて高い評価となっている。



2位 ブレーキ付キックスクーター


ブレーキ付キックスクーター

価格 ¥2980

√ 安全性 C
√ 価格 S
√ 機能性 C
√ 耐久性 B

価格は¥2980と安く、ランキングが2位だが、商品イメージはあまり良くない。

その理由はまず日本語の説明書が準備されていないことだ。

このスクーターは組み立てれた状態ではなく、バラバラのパーツがセットとなって配達される。パーツがバラバラなため親や子供がパーツを組み立てなければならない。このスクーターの説明書は英語で書かれているため「よめるか!」と突っ込まれそうだ。

説明書だけでなく保証書もない。価格が価格なので、保証書が付かないのかもしれません。このスクーターの購入を検討している人はまずレビューを確認して十分に考えた上での購入を推奨する。



3位 JD BUG


JD BUG MS-101Aの商品の特徴

価格 ¥2980

√ 安全性 B
√ 価格 B
√ 機能性 B
√ 耐久性 A

JD BUGはランキング3位で、耐荷重が90kgまで耐えられるスクーターだ。対象年齢は6歳以上であり、体重が90kgであれば大人でも利用できる。

シリーズによって価格は異なるが、今回の価格はJD BUG MS101プラスの値段を掲載した。

タイヤは4インチで、素材には一部ポリウレタンを使用しているがその他はアルミ、スチールだ。ウィリッパーという足置きが付いているのが他のスクーターとは違う最大の特徴だろう。



4位 リップスター日本版


リップスター日本版の商品の特徴

価格 ¥9900

√ 安全性 A
√ 価格 A
√ 機能性 A
√ 耐久性 A

ランキング4位にランクインしたリップスター日本版は、日本でも人気のスクーターで、軽量(軽い)、乗りやすさ、小回りが効くことで人気を集めている。

他のスクーターと違うところは盗難補償がしっかりと付いていることである。盗難に遭う機会は誰でもある。大人も子供も関係ないから、盗難補償が付いているスクーターを選ぶ親も多い。

また、DVD付きという点も魅力の1つ。DVDにはどのように乗るのか、どのように使うのかが映像に納められている。事前に乗り方を親と子供で掴むことができれば、怪我や事故なども未然に防ぐことができる可能性もある。

徐々に技術を習得したら基本的なことはできるようになっている子も多い。そのため、DVDだけでは満足できなくなる。

このスクーターを運営する会社では登録制のWebレッスンも開催している。今では子供でもインターネットで検索をしたりする機会は多いだろう。Webレッスンに参加して技術を友達と競い合うことができるのだ。

このように特典がたくさん付いているため、値段が9900円でもその特典に魅力を感じこのスクーターを選ぶ子や親が多い。



5位 Angel one正規品キックスクーター


Angel one正規品キックスクーターの商品の紹介

価格 ¥3450

√ 安全性 A
√ 価格 A
√ 機能性 A
√ 耐久性 C

Angle one正規品のスクーターはランキング5位で、スケーターの後部にブレーキが付いているのが特徴。Amazonで販売されているスケーターの中にはブレーキがない商品が多く、安全性が確保されていないものも多い。また、ブレーキが付いていると表記されていても実際にはあまり性能が悪いものも多い。

Angle one正規品のスクーターはしっかりとブレーキが効くため一定の安全性を期待できる。

耐荷重量は40kg。基本的に大人は乗ることができない。ブレーキが付いているのにも関わらず、価格が3450円とお得になっている。

次に電動スクーターの商品説明に移る。


電動スクーターのランキングにランクインした商品の説明


まず電動スクーターのランキング1位にランクインしたのがチックスマートです。

1位 チックスマート

チックスマートの特徴

価格 ¥49800

√ 安全性 A
√ 価格 C
√ 機能性 S
√ 耐久性 S

ランキング1位のチックスマートは日本のプロダクションに所属している韓国人アーティストのシングルCDで使用されるなど、とても有名な電動スクーターだ。地方や全国の番組などでも取り上げられているため、実際にテレビで見たという方もいるのではないだろうか。

高い安全性は特許取得や認知度、アマゾンの厳しい審査の通過からもこの評価が妥当ではないだろうか。

二つのプレートに乗り、動くものに対しての特許を取得し、チックスマートを開発した会社のホームページなどには特許証が公開されている。

価格の値段に少し驚いている方もいるだろう。

¥49800は車の毎月の支払いぐらいの値段だ。しかし、特許がある点や安全性がある程度確保されていることなどが挙げられるため安全性の高い商品を購入しようと思うとこのぐらいの出費は仕方のないことかもしれない。

値段が高いので保証がないと買えないという人も多いのではないだろうか。

チックスマートにはしっかりと長期2年保証してくれる。実際に故障した時はそのスクーターを販売会社に送らなければならない。この時には送料が発生するが、その往復送料のお金も販売会社が負担してくれる。

機能性が高いことは多くの方がご存知だろう。動きは全てシステムが感知してくれる。乗り方は進みたい方向に重心をかけるだけだ。例えば前に進みたいのであれば前に重心を置く。後ろに旋回においても同様に重心を置くだけだ。

耐久性が高いことでも知られている。例えば生活防水が備えられている。例えば庭などで使う時は水たまりや雨を防ぎ、家の中で使用する人は食器を洗っている最中に飛ぶ水しぶきなどが挙げられる。それらを防いでくれるため、故障しにくい電動スクーターと言ってもいいだろう。

評判もいいので電動スクーターとして1位というランキングは当然のことだろう。


2位 nexeed(ネクシード)


nexeed(ネクシード)の特徴

価格 ¥4980

√ 安全性 A
√ 価格 C
√ 機能性 S
√ 耐久性 S

ランキング2位にランクインしたネクシードは、電動スクーターなのに値段が安いと思った方もいるだろうが、このnexeedは厳密に言えば電動スクーターではない。バランススクーターだ。中央部にバランスボールが入っており、ポールを持って移動できるタイプの商品です。

収納や折り畳みが簡単。機会強度もある程度確保されているから電動ではない商品を求めている方は一度商品を検討しよう。

しかし、上記のチックスマートのような機能性は持っていない。そのため、移動ができるようになるまでには時間がかかるだろう。


3位 SUKUBAI


SUKUBAIの特徴

価格 ¥16284

√ 安全性 C
√ 価格 B
√ 機能性 S
√ 耐久性 B

ランキング3位にランクインしたこの電動スクーターにはペダルが搭載されており、そのペダルを踏み込むことで電動で動かせることができるスクーターだ。自動で動くため、普段から自転車に乗っている人は便利に思う人も多いが、対象年齢を予め把握して欲しい。対象年齢は12歳だ。

また、おもちゃのスクーターのように写真では見えるがペダルを思いっきり踏み込むことで結構なスピードが出る。そのため、子供にプレゼントをする時は安全性などを検討した方が良いだろう。大人が使う時も公道での利用には制限があるため、家の中の移動や庭での使用を推奨する。


4位 Cool&Fun


Cool&Funの特徴

価格 ¥不明

√ 安全性 C
√ 価格 不明
√ 機能性 S
√ 耐久性 C

ランキング4位のCool&Funはランキング3位にランクインしたSUKUBAIと同様に電動で動くスクーターだ。しかし、SUKUBAIとの違いは最高速度が20キロに到達すること。モーターパワーは250Wで走行距離は19キロまで可能だ。現在では在庫切れで価格表示がされていない。そのため、値段に関しては何もわからない。



5位 Surepromise


Surepromiseの特徴

価格 ¥不明

√ 安全性 A
√ 価格 不明
√ 機能性 C
√ 耐久性 B

ランキング5位にランクインしたSurepromiseはバランススクーターで、最長のハンドルの長さ99センチで調節ができる。現在では在庫切れになっており、価格などを把握することはできない。


まとめ


このように今回は手動スクーターと電動スクーターのランキングを紹介した。

ランキングを振り返れば、値段が安いため上位にランクインしているものや高い値段なのにも関わらずその機能性の豊富さ、安全という点からランキング上位にランクインしているスクーターも存在している。

子供へのプレゼントとして検討している親御さんはこのランキングを参考にして購入を検討されたらいかがだろうか。今回価格の表記を行ったが各販売店などで値段は異なる。また安全性に関しても予め調べて購入を検討しよう。

ABOUTこの記事をかいた人

商品紹介人は商品を紹介する担当者です。できるだけ人気の釣具商品を紹介するので、釣具チェックをしたい方は私の記事をチェックして下さい。