seo対策を具体的に説明します

seoの施策をパソコンで行う人

作ったサイトやライティングページが上位に表示されず、ひどい時には圏外にランクインしてしまい、検索順位に悩みを抱えるサイト運営者もいるのではないでしょうか。

検索上位に自サイトを位置づけるためにseo対策を活用しませんか。seo対策を行うことで、貴サイトのサイトの表示順位を上げることができます。これにより、検索順位の悩みを少なくできます。

 



seoとは

 

seoの施策を表示したタブレット

 

seoとはSearch Engine Optimizationの略称で検索エンジン最適化を意味します。

最適化は曖昧な表現ですので理解に苦しむ人もいます。最大限簡略化すれば、検索キーワードに対して表示される検索結果にできるだけ上位に自サイトを位置づけるための施策のことです。

seo対策をすれば自サイトが上位表示されやすくなります。検索上位にヒットすることで、検索ユーザーが自サイトにアクセスしてくれる可能性が高くなります。

アクセスアップによって商品を販売するサイトは注文数の増加を期待できます。また、アフィリエイトサイトであれば、seo対策により、広告クリック数の増加を望めます。

 

具体的なseo対策事例

 

グラフデータ

 

ここでは多くのseo業者やサイト運営者が行うseo対策事例を紹介します。

 

記事から流入を狙う

 

机の上に置かれたノート

 

まず1つ目の方法は記事からユーザーの流入を狙う方法です。具体的なやり方としてはまずホームページ内にブログやコラム覧を設けてそこに記事を蓄えます。

そしてその記事をサイト上に公開をして検索してその記事にアクセスしてくれるユーザーを待ちます。

記事にはあなたのホームページで扱うサービスや商品に関係のあるコンテンツ、キーワードの選定を行います。

例えば岐阜のガラス修理業者のホームページの場合、キーワードに「水道」「修理」「岐阜」と選定し、そのキーワードを元にコンテンツを作成します。そして公開をすれば岐阜で修理業者を探している人がアクセスしてくれる可能性があり、コラムやブログ記事から修理を依頼したいお客様の獲得を目指すことができます。

この方法をコンテンツseoと言い、コンテンツを作成してそのコンテンツの読者にお客様になってもらうことができます。コンテンツseoに関して詳しいことを記載することは控えます。インバウンドマーケティングにおいてもこの方法が採用されます。

アクセスアップを見込むことができるため、サイト全体の順位に良い影響を与える可能性もあり、現在のseo対策の主流になります。

 

被リンクを増やして検索順位の上位を狙う

 

URLが記載されたページ

 

seo対策に関して少し知識があれば被リンクという言葉を見たことがある人も多いです。被リンクは検索順位を決める上で使われる検討要素の一つです。その理由は被リンクが多いサイトはきっとそこに有益なコンテンツが記載されているだろうと予測できるからです。

Googleの検索エンジンは有益なコンテンツは順位を上げて表示し、ユーザーのためにならない記事は順位が下がります。有益なコンテンツがたくさんあれば検索ユーザーは満足度が高まり、広告クリック率も高まる可能性があります。実施にGoogleの利益の一部はサイトの広告になります。

言いたいことは被リンクが多い=有益なコンテンツとなり、被リンクを増やすことはseo対策として有効です。しかし、被リンクで効果を出すためには検索エンジンから一定の評価を受けているサイトから被リンクされる必要があります。

昔の検索エンジンは精度が今よりも良くなかったため、多くのドメインを取得してサイトを立ち上げ、そこに売りたいサイトのURLを貼り検索上位を狙う人もいました。今ではこのやり方は通用しません。

被リンクされるサイトだけでなく、被リンクをしているサイトも評価しているため、記事が少なく、更新数が少ないサイトで被リンクを貼っても効果を得ることは難しいです。

ではどのような被リンクを増やせば効果を得られるのか?、それは記事数もたくさんありしっかりと運用されているサイトから被リンクであれば効果を期待できます。

そのため、しっかりと運用されているサテライトサイトを作り被リンクをつける業者やサイト運営者も多いです。

 

SNSで拡散させて上位表示を狙う

 

snsのアイコンが表示されたスマホ

 

SNSで拡散されるサイトは人気のあるコンテンツであると検索エンジンは判断します。しかし、SNSで拡散することは容易ではないためこの方法で集客をしないという業者もいます。

 

最低限やっておきたいseoの施策

 

計画を見定める人

 

ここではサイト運営者や企業が最低限やっておきたいseoの施策を紹介します。

 

サイトマップを作成

 

ホワイトボードに表現されたサイトマップ

 

サイトマップは検索エンジンのクローラーが巡回する際に必要です。文字通りサイトマップはサイト内の地図で、それを見ればどこにページがあるのかクローラーに知らせることがでいます。

もし運用しているサイトがworpressであればプラグインを利用して容易にサイトマップを作成することができます。サイトマップ作成の有名プラグインはGoogle XML Sitemapsです。

・Google XML Sitemapsダウンロードページ

 

サイトをわかりやすく構成するためにカテゴリでそれぞれの記事を分類します。例えばseoというカテゴリを作成してその中にseo関連の記事を入れればわかりやすいサイト構成になります。

 

コンテンツの制作

 

コンテンツ作成をする様子

 

コンテンツ制作はseo対策に欠かせません。検索エンジンは良質なコンテンツを上位表示させるため、良質でユーザーが興味を抱いてくれる記事作成を行います。

seo効果が現れる記事数、文字数の条件はないと言ってもいいでしょう。しかし、記事数は多い方がコンテンツが充実しているため少ないサイトよりは有利です。

また、文字数は1記事1500文字から3000文字で制作することで、内容の薄いコンテンツ制作を避けられます。しかし、文字数は記事内容によっては必要ないこともあります。例えば机の作り方というキーワードで記事制作を行う時、文字よりも動画を使うほうが圧倒的にユーザーに理解されやすいため、文字ではなく動画で紹介している記事が上位表示されることがあります。

つまり、わかりやすく伝わるようにコンテンツ制作をすることで、そのコンテンツは上位表示されやすいです。

 

画像に代替テキストを必ず入れる

 

カメラを持った人

 

コンテンツ制作をする上で画像も文字と同様に欠かすことができません。視覚的にユーザーに情報を提供できるため、わかりやすいコンテンツ制作には必要です。

日頃からコンテンツ制作をしている人の多くは画像を使用していますが、代替テキストの入力を忘れていませんか。

Googleのサイト作成マニュアルにも記載されているように画像が表示されないユーザーに画像には何が表示されているのか代替テキストで伝えることは大切なことです。

代替テキストの入れ方

 

タグの場合は<img src=”” alt=”ここの部分に代替テキストを入れます”/>

wordpressの場合はメディアをクリック。画像選択後に右の添付ファイルの詳細から代替テキストを入力する覧があるので、画像を追加する度に代替テキストを入力します。

 

サイトの読み込み速度を1秒以内にする

 

 

検索ページからサイトにアクセスする時、読み込むのに時間がかかるとほとんどのユーザーは☓ボタンをクリックし、読み込みを断念します。

読み込み速度が遅いサイトは検索ユーザーを不快にするため、ユーザーを満足させるサイトとは言えません。

人間が読み込む時にストレスを感じない秒数は1秒以内です。それ以上読み込みに時間がかかるサイトは検索順位に大きな影響を与えます。

サイトの速度を調査するためにはPage Speed Insightsを使います。

 

Page Speed Insights

 

サイトの速度診断だけでなく、読み込み速度を早めるためにどのような対処をすればいいのかも教えてくれるので速度を早める際に活用しやすいです。また、Page Speed InsightsはGoogleのツールなので安心です。

 

スマホを中心にサイト制作を行う

 

スマホを操作する人

 

今はパソコンではなくスマホでサイト閲覧をする人も多く、このサイトもおおよそ70%以上がスマホからのアクセスとなっています。

レスポンシブデザイン(パソコンとスマホで快適に閲覧できるデザイン)にするのがベストですが、レスポンシブデザインが難しい人はスマホ中心にレイアウトを考え直すことです。

 

パーマリンクを英語にする

 

特にwordpressでサイト運営をしている人に多いですが、パーマリンクを日本語のまま公開するのは適切ではないです。

パーマリンクとはサイト閲覧時のurlになります。例えば「医者のお仕事内容」というタイトルで記事制作をすると、wordpressでは自動的にパーマリンクが

http://www.◯◯.com/category-name/医者のお仕事内容

に設定されます。少し手間はかかりますが、翻訳ツールを使用して

http://www.◯◯.com/category-name/doctor-job

のように変更することで検索エンジンが理解しやすいURLを設定できます。

 

まとめ

 

seo対策は他のサイトでも広く紹介されているが、今回提供した内容は全て施策に携わってきた時に実行してきた対策です。このような施策をサイトに試し、諦めずに上位表示を目指してみてはいかがでしょうか。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

商品紹介人は商品を紹介する担当者です。できるだけ人気の釣具商品を紹介するので、釣具チェックをしたい方は私の記事をチェックして下さい。