福井でヤリイカエギングが人気急上昇中!!釣れる時期やエギを大公開



ヤリイカエギングの魅力

 

エギングにハマっているアングラーも増えていますが、エギング=アオリイカをイメージする人の方が多いですよね?

しかし、エギングはアオリイカを釣るため以外にも楽しみ方があります。

それがヤリイカエギングです。ヤリイカ以外にもエギングで釣れるイカはいますが、特にこれから冬の時期に釣って楽しめるのがヤリイカです。

魅力としては、群れにハマれば何杯も釣れる可能性があることです。

ヤリイカは群れで行動をし、基本的には回遊をしています。冬は群れで漁港内に入ってくるので、ハマれば30分で10杯、20杯なんてこともあります。

手軽なタックルで楽しめて、たくさん釣れる可能性があるのがヤリイカエギングの魅力です。

特に冬はアオリイカがあまり釣れない地域もあります。こういった地域でも冬ならではのエギングの楽しみ方があるので、冬でもエギングを楽しみたいならターゲットをヤリイカに絞ると楽しめます。

 

ヤリイカエギングが激アツなのは福井!?

 

ヤリイカは大体1月から5月頃まで楽しむことができます。

全国的に冬は人気のターゲットとなりますが、その中でも岸から手軽にエギングでヤリイカが釣れるのが福井です。

福井は春から秋にかけてたくさんの釣り人が押しかけ、なかなか釣り場がないということも多々あります。

しかし、冬は波も比較的高い日が多いですし、雪なども降ることがあります。

その為、特に冬はあまり釣り人がいません。ゆっくりとエギングを楽しみたい方にはオススメです。

また、福井がヤリイカエギングでオススメな理由は人がいないだけではありません。

福井は12月末頃から急激に水温が低下し、4月までは低水温が続きます。

アオリイカにとっては辛い水温状況ですが、ヤリイカは低水温を好みますし、低水温であればあるほどサイズもデカいです。

釣果も安定しており、昨年は釣り場に足を運べばヤリイカが釣れる状況でした。

今年は去年に比べると、現時点では水温は高いですが、これから一気に海も冬に向かうと言われているので、ヤリイカエギングシーズンが到来します。

冬でもエギングはできるので、冬でも楽しみたい人は激アツの福井に足を運んでヤリイカエギングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

福井はいつ頃からヤリイカが釣れるようになる?

 

今年の状況としては、現時点ではまだヤリイカを狙うのには時期が早すぎます。

その為、今福井に足を運んでも釣果を期待することはできません。

では、いつ釣れるようになるのか?ですが、具体的にグラフで説明していきたいと思います。

福井グラフ

毎年の平均釣果としては、やはり12月頃から釣れ始め、2月が爆発しやすい時期です。

2月以降は徐々に釣果が落ちてくるという感じです。

5月以降はほとんど釣れませんが、この頃にはアオリイカも釣れ出しますので、エギングは年中楽しむことができる魅力的な地域です。

しかし、福井は日本海側なので、波と風には注意が必要です。

最大で4メートルから6メートル程の波になりますし、風も10メートル以上の日もあります。

安全第一で冬のヤリイカエギングを楽しみましょう。

 

ヤリイカが釣れるエギを教えて!

 

ヤリイカは基本的には夜の釣りですが、エギングは遠投が可能なので昼間でも釣果が出ます。

しかし、しっかりと釣るためにはエギのセレクトが大切です。

エギは3.5号でも釣れなくはありませんが、アオリイカに比べてヤリイカは捕食がそれほど得意ではありません。その為、サイズは3号を中心に考えるようにしましょう。

では、実際に福井で実績の高い3.0号のエギを紹介します。

 

朝マズメに強いエギは!?

 

ヤリイカと言うと夜のイメージが強いですが、朝マズメもチャンスタイムです。

朝マズメに激強なエギたちをセレクトしたので、絶対釣りたい人は必ず準備してからエギングに行かないと、自分だけが釣れな〜いとかなっちゃいますよ!

ヤマシタ エギーノぴょんぴょんサーチ3.5号

ぴょんぴょんサーチ

ぴょんぴょんサーチは2017年に発売されたエギで、非常に人気が高く、フィッシング遊などの釣具ショップですぐに売り切れ完売になってしまいます。2018年2月現在では、品薄状態も改善されたので、Amazonや楽天で購入ができます。

 

デュエル ダートマスター

ダートマスターもぴょんぴょんサーチと同様に2017年に発売されたエギです。ダートさせるのが簡単なエギで、ヤリイカはもちろんのこと、アオリイカもダートマスターで釣った経験があります。

 

昼間に強いエギは!?

 

ヤリイカと言えばというイメージをお持ちのアングラーもいるのではないでしょうか。しかし、ヤリイカはエギングであれば、昼間に狙うこともできるのです!

昼間はヤリイカくん達は岸からは遠い沖でスイスイと泳いでいます。その理由は、太陽の光が明るいので、警戒して沖のほうに行ってしまうのです。そのため、スッテを使用したエサ釣りでは、ヤリイカくんたちがいる場所まで、キャストできないので、昼間は普通ヤリイカ釣りはしません。

しかし、エギングはエギをキャストして、岸から離れたところまでエギを投げることができます。遠投すればヤリイカくんたちがいる場所までエギを届けられるので、エギングなら昼間でも釣れるというわけです。

エギのセレクトによって遠投の距離がかわります。そのため、昼間のエギングは遠投を考えてエギを選びます。

遠投を考えて選ぶときにオススメなのがこちらのエギです。↓↓

デュエル マグキャスト

マグキャストはどのエギよりも遠投能力に優れています。

わたしは去年(2017年)は私もマグキャストで遠投をして昼間に釣ることができました。

エギをかっ飛ばしたい昼間には是非セレクトしたいエギですね。

 

爆釣が期待できる夜に選びたいエギは!?

 

夜はヤリイカエギングの本番です。エギのセレクトもとても重要です。

では、具体的にどんなエギを選べばいいのでしょうか?

デュエル EZ-Qキャスト

ez-qキャスト
 

 

夜は夜光系のエギを選んだ方がアピールもできて釣れる確率が上がります。

朝マズメで釣れるエギでも紹介した、ヤマシタのエギーノぴょんぴょんサーチや、ダートマスターも夜光モデルがあるので、チェック必須です。

夜は昼間に比べて光も少ないです。気付いてもらうことができなければ、釣ることができません。

夜にたくさん釣りたい方は紹介したエギを参考に選んでみてください。

 

冬もエギングを楽しもう!

 

今回は冬のエギングを中心に紹介しましたが、福井は冬になるとヤリイカを釣ることができる非常に楽しい地域です。

釣り人も春や夏、秋ほどはたくさんいません。寒いですがゆっくりとエギングを楽しめるシーズンです。

アオリイカと同じようにヤリイカもとても美味しいイカなので、是非エギングの練習もしながらヤリイカをゲットしてください。