春のエギングは難しい!だけどコツさえわかれば誰でも釣れる

エギングは地域によって年中楽しめる最高の釣りです。

季節によって大きさや釣りやすさなどが変わりますが、その中でも特に楽しくドキドキするのが春です。

今回は春のエギングで釣果をあげたいと思っている方向けの記事になります。

これから春にかけて準備をしようと思っている方は是非参考にしていただければと思います。



春のアオリイカの特徴

そもそも春のアオリイカって秋とはどう違うのでしょうか?

ここでは特徴について説明します。

サイズがデカい!

地域(和歌山や九州など年中水温が高い)によっては春でも早産まれの新子(アオリイカの子ども)が釣れることもありますが、平均して釣れるサイズはデカいのが特徴です。

キロアップは当たり前で、白イカ系でも大きいもので3キロを超えます

そのため、大物を一度でいいから釣ってみたいと思っているなら、比較的簡単に大物が釣れる春がおすすめです。

産卵シーズンで食欲旺盛

春のアオリイカは、産卵のためにかなりの量のエサを食べます。

食欲旺盛なので、エギにもバンバンアタックしてくるのが特徴です。

春のエギングは正直難しいですが、アオリイカのスイッチが入ってくれれば初心者でも比較的簡単に釣れることがあります

実際に私も初心者の頃はよくわからない状態で春のエギングに行きましたが、意外とサクッと釣れてくれた印象です。

釣れる時と釣れない時の差が大きい

秋のエギングって、24時間いつでも釣れますよね。

結構簡単なので初心者でも始めやすい。

しかし、春はそう簡単には行きません。

いい時は何杯も釣れるけど、悪い時はアタリすらないという状態になります

せっかく釣り場に脚を運ぶなら釣りたい方がほとんどだと思うので、いい思いをするためにも最低限釣るためのコツは知っておいたほうがいいでしょう

親アオリを釣るためのコツ!

「じゃあ釣るためのコツって具体的に何?」という点についてここでは説明します。

いつから釣れるのかを把握しておく

「春のアオリイカってそもそもいつから釣れ始めるの?」実はこれ、釣るためにはとても大切なことです。

アオリイカには適水温があり、例えば春でも海水温がまだ14度くらいなら釣れません

15度でギリ、本当に釣れるか釣れないかくらいです

私の印象では、春のエギングでよく釣れ始めるなと感じるのが16度〜18度前後くらいです。

これくらいになるとアオリイカも結構活動するようになるので、条件が揃えば問題なく釣れると思います。

ちなみに18度以上はどうかというと、海水温が高い分には問題なく釣れるので大丈夫です。

  • 14度以下→まだ釣りに行くのは我慢しよう
  • 15度→渋いけど、行けば釣れる可能性はあるかも
  • 16度以上→春のエギング開幕!釣り場に足を運ぼう!

例年、アオリイカは何月から釣れ始めているのか?ここについても説明します。

結論から言うと、地域によって異なるです。理由は海水温が地域によって全然違うからです

例えば、黒潮の影響を受ける和歌山とか九州とかに関しては1月とか2月の真冬でも釣れます

逆に日本海側(特に北に行けば行くほど)に関しては、冬は釣れません

「じゃあ寒い地域(例えば福井とか石川、京都)に関してはいつ釣れるの?」と言うと、例年なら5月のゴールデンウィーク明けくらいからシーズンが開幕します。

このことから、例えば福井によくエギングを行かれる方で、春のエギング釣行をしてみたい方は、5月中頃ぐらいに足を運べば釣れることがわかります。

地域によって異なりますが、釣れる始める時期を把握しておくだけでも釣果は全然違ってきますよ。

釣れる時間(ダイドグラフもチェック)

春のエギングシーズンが開幕したら、あなたは何時にポイントに入って釣りをしますか?

「基本的に朝ごはんを食べてゆっくりして昼ごろから釣りを開始しよう」など適当になってしまうと春はなかなか釣れません。

釣りをする時間は事前に調査をするといいですよ。

ちょっとガチすぎるかもしれませんが、これくらい本気になったほうが釣れる確率が上がるので釣りも楽しめます。

具体的に釣りをする時間としては、「朝マズメ・夕マズメ」がいいです

理由としては、日が出てき始めるタイミングや、日が落ちるなど変化のあるタイミングだからです。

これはどんな釣りでも言えることですが、朝マズメ・夕マズメに釣果がバタバタと出ることが多いです。

もう一つ、私がおすすめするのがタイドグラフをチェックすることです

チェックすると具体的に何がわかるかと言うと、潮の動き始めと止まるタイミングです。

アオリイカは特に干潮潮止まり前とかにバタバタ釣れることがあるので、朝と夕方だけでなく、昼にそのタイミングがあるならGOです。

また、朝マズメとか夕マズメとかにそのタイミングがきているなら、最高の条件と言えるでしょう

ちょっと長くなったのでまとめます。

  • 朝マズメと夕マズメは変化のあるタイミングなので釣れる可能性が高い!
  • タイドグラフをチェックして干潮潮止まり前を狙おう!

春と秋のエギのアクションは違う

秋のアオリイカは早いアクションとかに反応してくることも多いですよね。

しかし、春は個体が大きく、早いアクションについてこれないアオリイカも多いです。

そのため、強く早くを意識するのではなく、ゆっくり軽くシャクることを考えるといいと思います

もっと簡単に言うと一つ一つの動作を丁寧にしよう!と言うことです

エギのサイズは3.5号が基本

春に使用する通常エギと言われるのが3.5号ですが、このサイズだけ用意すればいいのかと言うとそうではありません。

アオリイカによっては3号に反応する場合もありますし、4号にしかアタリが出ないこともあります

そのため、できれば3号〜4号までのエギを釣り場に持っていくと釣れる可能性が高まります。

藻を怖がらず中層〜底を必ず狙う(できればボトム)

「藻に引っかかるとエギをロストするから表層でいいや。」

これは初心者の方によくありがちなことですが、表層でアオリイカが釣れることはほとんどありません。

基本的には中層〜底にいる個体なので、ロストを怖がらずに中層より下を攻めてください

藻ぐらいならリーダーとかをしっかりしていれば切れません。

怖がらずに攻めまくると、釣れるチャンスはもっと広がりますよ。

エントリーするポイントにアマモやホンダワラがあるか

「アオリイカは藻に卵を付けるから適当に藻があるポイントを探せばいい」こういったアドバイスをする方も多いですが、アオリイカには好む藻があります。

それがアマモやホンダワラです

ただ単に藻を探すだけではなく、しっかりアオリイカが好きな藻の種類も把握しておくと、いい釣りポイントを見つけられます。

回遊待ちもいいが反応がないなら移動しよう

春のエギングは回遊待ちと言われることがあります。

中には長時間その場を離れずに一生懸命粘る方もいると思います。

しかし、「全く反応がない」場合や「周りも釣れていない時は移動も検討しましょう

実際に私はあれ?と思ったら春でも移動します。

自らアオリイカがいるポイントを探すことで、効率よく釣っていくことができます

注意ポイントとしては、移動によっていいタイミングを逃さないことです。例えば移動したことによって朝マズメのチャンスタイムが終わってしまったとなるともったいないです。

この場合は、あまり反応はないけどいいタイミングだから粘り、チャンスタイムが終わったら夕マズメに向けて新たにポイントを探すみたいな感じがいいと思います。

できる限り人が渋滞していない釣り場にエントリーする

アオリイカはブラックバスと同じように結構警戒心が高めです。

なので、満員電車並みに人がいるようなポイントはあまりおすすめしません。

また、そのほかにおすすめできない理由としては、投げたい場所に投げられないからです。

基本的に人が多いと、糸が他の人と絡まないように投げないといけないので、永遠にまっすぐ投げないといけないとかになりますよね。

「ここは釣れないかも」と感じたポイントで永遠に釣りをするとモチベーションも下がるので、せっかくならちょっと歩くけど人がいないポイントを探すとかのほうが全然楽しめます。

使用するタックルで釣果も変わる!

春のアオリイカって、ものすごいアタリが出るのではないか!?とワクワクしますよね。

それを裏切る感じで申し訳ないのですが、秋イカよりもアタリが小さいことがほとんどです。

秋イカはエギを抱いたらビューンって走りますけど、大きなアオリイカは敵になる魚もほとんどいないので、エギを抱いたらその場で食べるか、ゆーっくりと下がりながら食べます。

そのため、特に感度が悪いロッドとかだと、全くアタリがわからないこともあります

気づかずに違和感を覚えたアオリイカがエギを離してしまったとなってはもったいないので、できる限りいいロッドといいリールの購入をおすすめします

私的には初心者でも買い直しをするよりはいきなり高級のタックルを使用するほうがいいと思います。そっちの方が絶対に楽しめます。

春のエギングに行く前の準備

春と秋のエギングは、そもそもサイズが違うと話しました。そのため、準備するアイテムも少々増えます。

ここでは春のエギングで必要になるアイテムを紹介します。

ギャフかタモは絶対必要!

春に釣れたアオリイカを、そのまま強引に引っこ抜いてしまうとロッドが折れる可能性があります。

ロッドが折れるとショックですので、必ずギャフかタモは購入しましょう

また、選ぶ時は「使いやすさ」を考えてください。使いにくいギャフかタモを購入すると後悔します。

私的におすすめだと思うのは下記の2つです。実際に使用しています。

第一精工 オートキングギャフ 630

 

 

 

ダイワ ランディングポール

 

 

 

エギングタックルを見直したい方へ

春に備えてエギングタックルを見直したい方は、下記に実際に私が使用しているロッドとリールを紹介するので参考にしてみてください。

シマノ セフィア エクスチューン S805ML+

 

 

 

シマノ ステラ C3000

 

 

 

【おすすめ】エギングにハマったら買うべきリールはこの4つのどれか

秋のエギングも楽しいけど春はもっと楽しい!

今回は春のエギングについて解説しました。個人的には難しい釣りの方が好きなので、春のエギングは大好きです。

皆さんも春までまだまだ時間がありますが、シーズンが到来したら思いっきり楽しんでください。

春になるまでの間にエギングで他のターゲットを釣りたいなら冬のエギングについても紹介しているのでよければそちらもチェックしてみてください。

福井でヤリイカエギングが人気急上昇中!!釣れる時期やエギを大公開