【必勝法】ヤリイカをエギングで釣るならエギにエサを巻く!?【福井編】

福井では12月を過ぎるとアオリイカの反応はかなり薄くなり、春が訪れるまでほとんど釣れなくなります。

「冬はオフシーズンだなあ」と思っている方も多いですが、実は冬の日本海でもエギングを楽しむことができるのです!

ターゲットはアオリイカではなく、ヤリイカです。

今回は、これからヤリイカエギングで釣果を出したい方のために、とっておきの必勝法を紹介していきたいと思います。



ヤリイカが堤防から釣れ始める時期は?

福井では11月くらいになるとアオリイカも渋くなり、なかなか釣れなくなります。

釣れなくなるとそろそろヤリイカの時期では?と思う方もいるかもしれませんが、時期はもう少し先です。

具体的に福井では毎年2月くらいから多くの釣果が出始めます。水温の低下がもう少し早ければ1月からでも釣れる可能性は十分にあると思います。

数釣りが楽しめるのが2月~3月くらいなので、それまでに向けて準備を進めていただければと思います。

ヤリイカの時期についてもう少し詳しく知りたい方は下記の記事をチェックしてみてください。

福井でヤリイカエギングが人気急上昇中!!釣れる時期やエギを大公開

ポイントの選定も重要!

ヤリイカを釣るためには「どのポイントで釣りを開始するか」が重要です。ここではポイント選定のコツについて紹介していきます。

常夜灯のある堤防から始めよう!

常夜灯の周辺にはたくさんのベイトが集まり、それを捕食しようとヤリイカも近づいてきます。

エサが豊富なポイントは毎年釣れる傾向にあるので下見などをしておくといいですよ!

ある程度水深があり潮通しもよさそうなポイント

ヤリイカは、基本的に水深30m~200mくらいのところに生息しています。そのため、産卵期で接岸してくると言ってもあまりにも浅いところには回遊してきません。

できれば5m以上あるポイントを選ぶことをおすすめします。

また、潮通しが良いポイントの方が回遊してくる確率も高まるので、潮がよく動くところを選びましょう。

必勝法は釣れているポイントに行く!

ヤリイカシーズンを迎えると、福井では必ずと言っていいほど釣果情報が出てきます。

情報はネットサーフィンでもSNSでも出てくるので、釣りたいと思ったらチェックすることをおすすめします。

SNSでは釣り場を載せている方が少ないので、できればネット検索で釣果などを見ると簡単に今釣れている場所が分かります。

例えば調べるときは「福井 釣り」などで簡単に出てきます。

この方法は一番簡単にポイントを探す方法だと思うので、参考にしていただけると幸いです。

時間帯も考えて釣りを行う

秋のアオリイカのエギングだと、時間関係なく釣れます。

しかし、ヤリイカの場合はできる限り夕マズメから朝マズメの間に狙うのが基本です。

昼間でも釣れないことはありませんが、暗い時間帯に比べると釣果はグッと落ちます。

冬は寒いので、体力のことも考えると夕マズメからスタートするか、朝マズメのみの釣行がいいでしょう。

ヤリイカは通常のエギでも釣れるが・・・

ヤリイカはアオリイカを釣るときに使用するエギでも釣れます。

しかし、これから紹介するもう一つの方法と比べると釣果は落ちるかなという印象です。

爆釣が期待できるのはエサ巻きエギング!

通常のエギングで釣れないなと思ったら、是非試してほしいのがエサ巻きエギングです。

簡単に説明すると、釣り方としてはエギングと全く変わりません。違う部分はエギにエサを巻いているだけです。

自作も可能だけどちょっと面倒くさい

通常のエギにエサを巻くという方法でも問題はありませんが、これではエサがキャストしただけで落下してしまったり、水中でエギが安定しなかったりとあまりおすすめできません。

できればエサ巻き専用のエギを使う

 

 

 

上記のように、背中部分が平らになっており、エサを乗せやすい設計のものを購入するとあまりトラブルなく釣りができます。

専用のエギには針金も最初からついているので、使い方としては背中の部分にエサを乗せて針金で巻くだけです。

通常のエギとそれほど値段も変わらないので、自作でエギを改造するよりは専用のものを使う方が私的にはおすすめです。

巻くエサは何がおすすめ?

巻くエサは人それぞれですし、地域によっても異なりますが、福井の場合は「ささみ」か「きびなご」です。

この2つの中でも「ささみ」を使っている人が多いですね。

エサは作るのが面倒なら大きな釣具屋さんに行けばどちらも購入可能です。

タックルは通常のエギングで使用しているものでOK

ヤリイカを釣るときって、タックルで迷うこともありますよね。

基本的にエサ巻きエギングをする場合でも使用するのは通常のエギングタックルです。

エサ巻きエギングはエギがいつもと違うだけなので、それ以外は何も変わりません。

私はヤリイカを釣りに行く場合、通常のエギングで釣れなかったらすぐにエサ巻きに切り替えます。

幅広い選択肢を持ったことによって毎年釣果が伸びているので、皆さんもこの冬に是非試してみてください。