料理をしないで夕食を準備する10の方法

料理をしたくない主婦の様子

料理?うぇ・・めんどくせいと思う人は多いです。そんなあなたに今回はいかに料理を作らずに夕食を準備するのか10の方法を紹介します。

 

 

 



スーパーの出来合いで準備する

 

スーパーで販売されている出来合い

今のスーパーは豊富な種類の出来合いが揃っています。ここで言う出来合いはお惣菜とも言います。地域によって販売している食材には違いがありますが、唐揚げや、焼きそば、お好み焼き、コロッケなどが例として挙げられます。

特にコロッケは安いスーパーでは90円以下で購入できることも。

もし出来合いだけで夕飯を準備すれば温めるだけで美味しい料理を用意できます。そのため、奥様の中にはやってみよと思う人もいるのでは?

 

テイクアウトを利用する

 

テイクアウトされる餃子が焼かれている様子

 

テイクアウトも全く料理をしないで夕食を準備できます。例えば、テイクアウトは飲食店を利用します。テイクアウトが可能な飲食店は餃子で有名な王将や、カツを販売するお店などいっぱいあります。

お店で調理された料理をそのまま食卓に出せるので惣菜よりも美味しい食事を準備できます。

 

ドライブスルーで丼で済ませる

 

ドライブスルーの道路標識

 

ドライブスルーを利用すれば丼物は簡単に準備できます。例えば吉野家やすき家を利用すれば牛丼を手に入れられます。丼だけでなくお味噌汁などを注文すれば旦那さんには文句は言われないはず。

 

 

弁当で済ます

 

弁当

弁当屋の中には24時間利用できるお店もあります。日本の全国チェーンの弁当屋で有名なのがほっともっとです。ネット注文も可能で、待たずに弁当を受け取りできます。

メニューの種類も豊富でご家族が好きな弁当が見つかるはず。

弁当買いに行くのも面倒だと思う人は冷凍弁当を宅配してくれるサービスを利用すれば、弁当を買うためだけに外出をしなくても済みます。

 

夕食食材宅配のヨシケイがお贈りする 『冷凍宅配弁当』

 

しかし、宅配になるので準備には少し時間が必要です。つまり、今日料理面倒だなって時は冷凍宅配弁当を利用できません。

 

デリバリーサービスを利用する

 

デリバリーのお寿司

デリバリーサービスを利用すれば料理をせずに更に外出もせずに夕食の準備が可能です。デリバリーサービスとしてピッツァは有名ですが、夕飯にピッツァは変だよと思う人も多いです。

 

 

そんな方は寿司、中華料理などのデリバリーサービスが日本にはありますのでそちらを利用して食卓に並べましょう。

 

レトルトをうまく活用して調理しない

 

レトルトをご飯にかける様子

レトルト食品は今や魅力的な食べ物の一つです。昼などはレトルトだけで済ます人も多いですが、夜だと流石に栄養のことを考えてレトルトは使えないと感じる人も多いです。

レトルトは袋にカレーやハヤシライスが入っていて、ご飯にかけて食べる印象を持つ人もいます。

しかし、現在のレトルトは徐々に変化しています。

例えば、玄米レトルトパックなど栄養を考えた食材も販売されていることです。例えばハトムギ玄米を利用したレトルトパックを購入すれば、お通じの改善やダイエットをサポートしてくれます。

また、玄米だけでなくおつまみをレトルトで準備できます。特に旦那さんがお酒好きな人で毎日おつまみを作らないと不機嫌になっちゃう人もいます。

レトルトで準備すればイワシの醤油漬け、秋刀魚の味噌の甘辛煮などを用意できます。

 

 

食材宅配でできるだけ調理から工程を削減

 

 

料理がめんどくさいと感じる人の中には献立を考えるのがめんどうと感じる人も多いです。

特に家族の人数が多いと全ての家族のメンバーの食べたいメニューに一致させる献立を考えるのはハードです。

この工程だけでも少なくしたい人は食材宅配が便利です。

メニュー考えなくても宅配された食材を利用して献立通りに調理すれば夕食が準備できます。

また、旦那さんや子供さんから文句を言われても食材宅配で既にメニューが決まっていることを伝えるだけで文句を言わせない環境を整えられます。

 

初回注文は50%OFFで実施中! 食材宅配サービスの『夕食ネット』♪

 

調理器具を見直してめんどくさいと感じる自分を変える

 

栗原はるみさんのオンラインショップ

 

調理器具がしっかり揃っていないと料理がめんどくさいと感じます。なぜなら一つひとつの料理工程に時間がかかるからです。

例えば、ゆで卵を作る時に一からお湯を沸かし、沸騰をした後数分煮込んで、お湯から取り出し、殻をむくという過程がめんどくさいです。

今では料理研究家の方が紹介する調理器具が販売されています。こちらの記事でもおすすめのものを紹介しています。

例えばここで紹介されている調理器具を使用すれば電子レンジでゆで卵を作ることができたり、殻が剥きやすいので料理に対してめんどくさいという気持ちを和らげられる可能性があります。

 

 

外食をして夕食をもはや準備しない

 

飲食店の入り口の様子

 

今日料理作るのめんそくさいなと旦那さんに伝えれば「たまには食べに行くか」と優しい声をかけてくれる旦那さんをお持ちのあなた、その言葉に甘えて外食に行きましょう。

外食に行けば食器を使わないので洗い物をしなくても済みます。

また、お惣菜であればご飯粒は準備しなければなりませんが、外食ではあれば毎日のイライラする御飯炊きの作業からも開放されます。

料理代行サービスを利用する

 

料理代行サービスで働く料理人

現在では料理代行サービスがあります。このサービスを利用すれば栄養バランスの摂れた食事を自宅で調理してもらえます。

そのため、料理ができないお年寄りや男性なども利用できるサービスです。

当然、自宅で夕飯を代わりに準備してもらえるので、あなたは何もしなくても夕飯の食事を料理をせずに食卓に彩り豊かな料理を並べられます。

 

3日分の食事をサポート!イエコック料理代行サービス