フリーランスに必要なスキル!これがあれば稼げるし間違いない

「サラリーマンとして働くのは嫌だな」「でもニートも嫌だな」こういったときに思いつくのがフリーランスか起業だと思います。

思い切って個人で活動を始めようとする方は多いですが、すぐに稼ぎが欲しいならある程度のスキルは身につけておいた方が安心です。ここでは具体的に何を勉強するといいのかについて紹介します。



フリーランスってスキルなしは厳しい?

結論から、スキルなしでもフリーランスになることはできるけど、苦労する。だからできる限り最低限のスキルは身につけておくべきです。

でもフリーランスとしてできる仕事ってたくさんあります。まずは自分が何に興味を持っているのかを中心に考え、そこから身につけるべきスキルを見つけましょう。

3つのスキルがあれば稼げる

せっかくフリーランスになるなら、稼げるスキルを身につけたい方が多いでしょう。じゃあ何を学べばいいの?ということですが、大きく分けると3つです。

プログラミング

IT人材って、かなり不足しています。これからもそれは加速すると言われています。じゃあスキルがあればどうか?仕事がなくて困ることがないということです。

ほとんどの企業ではIT人材を探しています。でも人材はなかなか集まりません。結果的にフリーランスに仕事が回ってくることになります。だからプログラミングを身につければフリーランスとしてもやっていけるのです。

プログラミングは挫折しやすい。だからこそ効率よく学ぶべき

「いやいや、そんな簡単に言うけどプログラミングは難しいよ?」確かにその通りです。様々なスキルがある中で、プログラミングは挫折しやすい勉強の一つです。ただ、勉強方法がわかれば初心者でも挫折せずに学習をすることができます。

どうやって学ぶか?はじまりがとても重要です。その中でも特におすすめできる方法がプログラミングスクールを利用することです。ここでは初心者がプロのエンジニアとして活躍できるようになるためのカリキュラムが組まれているので、一番効率がいいです。

プログラミングスクールは通学型、オンラインのどちらもあるので、好きな方を選択してください。下記のスクールは実績もあり、サポート体制も充実しているのでおすすめです。

ポテパンキャンプ
TechAcademy [テックアカデミー]
CodeCamp
フロントエンドコース【.pro】

Webデザイン

Webデザインのスキルがあれば、Webデザイナーとしてフリーランスで活躍することができます。

なぜWebデザインのスキルなのか?というと、パソコン以外にスマホでもインターネットでWebサイトを検索することができるようになっているからです。それによって多くの企業がWebから集客をしようと考えています。ユーザーの目を惹くためにデザインを重視している企業も多いため、Webデザイナーの力は必要です。

また、Web制作に関しては、パソコンがあればどこにいても仕事ができます。カフェや自宅などフリーランスならもっと自由な働き方をしたい方にはおすすめかなと思います。

東京在住は有利です。プロが教えるデザインスクールに通える

Webデザインの勉強は正直独学でもできます。プログラミングに比べると難易度も低く、挫折するリスクも低いでしょう。一人で学習を進められる自信があるなら、書籍などを購入して学んでも問題ありません。

ただ、東京に住んでいる場合は、Web制作で有名の株式会社LIGが運営するWebデザインスクールデジタルハリウッド STUDIO by LIG)を利用した方がいいです。

ここではWebデザインの技術に加え、編集、ライティング、撮影まで幅広く学べます。全てのスキルが身につけば、Web制作のプロフェッショナルとして活躍していくことができるでしょう。

もっと知りたい方は説明会を無料で実施しているので、公式サイトから気軽に応募してみてください

公式サイト:デジタルハリウッド STUDIO by LIG

ライティング

「文章を書くことが好きで、それを仕事にしたい」と思っている方は、ライティングスキルを身につけましょう。けど、基本的に日本人であればそれほど特別なスキルは必要ありませんけどね。

そもそもライティングスキルをおすすめする理由としては、Webコンテンツを作成する仕事が大量にあるからです。単価としては、文字単価2円×3,000文字=6,000円といった感じです。(単価はもっと高かったり低かったりとピンキリ)基本的には数こなせば10万、20万、30万くらいなら初心者でも稼ぐことができます。

ただ、「椅子に座ってタイピングするだけでしょ?楽勝じゃん!」と思っている方、後で後悔します。(笑)ライティングの仕事は結構大変なので、稼げはするけどある程度の覚悟は必要ということを頭に入れておいた方がいいです。

ただ、スキルがあっても仕事を探せないと意味がない

プログラミング、Webデザイン、ライティングの3つのスキルを身につけても、仕事を見つけることができなければフリーランスとしてやっていけません。そこで簡単に仕事を見つける方法まで紹介して今日は終わります。

プログラミングならフリーランスエージェントを活用する

エンジニアとしてフリーランスで活躍するなら、フリーランスエージェント一択です。おすすめする理由は、

1. 登録すれば仕事を探してもらえること
2. 高単価の案件が多いこと
3. サポートが充実しているから1人で全部やらなくてもいい

です。仕事の探し方としては他にも営業を行ったり、クラウドソーシングを利用したりする方法もありますが、効率よく稼ぎたいならフリーランスエージェントを活用してください。登録するだけなら何も損はしないので、試す価値はアリだと思います。

フリーランスエージェントの中でも特に実績のあるサービスの公式サイトを載せているので、こちらも暇があれば見てください。

1. エミリーエンジニア
2. フォスターフリーランス
3. クラウドテック

Webデザイナーならクラウドソーシングの利用もアリ

Webデザイナーは、フリーランスエージェントでも案件を紹介しているところはいくつかありますが、数が少ないです。基本的にはエンジニア向けばかりなので、Web制作の仕事を受注したいならクラウドソーシングの利用も検討してください。

例えばクラウドワークスなどが有名ですが、ここではWeb制作を中心として案件を紹介しているカテゴリがあります。その中から自分に合ったものを選び、応募してみてください。必ず契約できるとは限りませんが、ポートフォリオなどで自分をアピールできれば結構簡単に仕事がとれます。

なかなか契約がとれない場合は、最終手段としてWeb制作にも対応している下記のフリーランスエージェントを利用してみてください。

1. 【プロの副業】
2.tech tree

Webライターならどこにでも仕事が湧いている

Webライターは、クラウドワークスなどクラウドソーシングを利用しても仕事がとれますし、ライターを募集しているWebメディアなども多いため、ネットで検索してそこに登録すれば仕事を定期的にもらうことができます。

ただ、注意点としては単価のチェックを忘れないことです。例えばクラウドソーシングなどでは、「文字単価0.1円以下 ライティングを学びたい方募集!」みたいな意味の分からない案件が多数見受けられます。できる限り怪しいものは避けるようにしましょう。

できればクラウドソーシングを利用する場合は、文字単価1円以上のものを選んでください。3円とかになるとSEO対策の知識なども必要になるので、スキルがない方は難しいかと思います。ただ、慣れてこればそれくらいの案件に挑戦しても問題ありません。

ライティングの案件が多いサービスは下記に掲載しているのでこちらも暇があればチェックしてみてください。

1. サグーワークス
2.クラウドワークス