おすすめのメンズ乳液はこの5つ【スキンケアに必須のアイテム】

スキンケアには乳液が必須ですが、種類がありすぎて選び方がわからない方も多いと思います。

今回は人それぞれに合うおすすめのメンズ乳液を紹介するので、購入を考えている方は参考にしていただけると幸いです。



メンズにおすすめの乳液はこの5つ

そもそも乳液は何のために使うの?

スキンケアに乳液が必要と言われているけど、「そもそも乳液って何?」「なんのために使うの?」と特に男性は知識がない方も多いですよね。

ここでは具体的な役割について紹介していきます。

化粧水を閉じ込めるため

スキンケアで乳液を使用する場合、基本的に洗顔直後につけることはありません。

洗顔後には化粧水を使い、そのあとに乳液を塗ることがほとんどです。

なぜ化粧水のあとなのかというと、肌に潤いを閉じ込める効果が乳液にはあるからです

ここで何がわかるかというと、スキンケアは化粧水だけではダメということです。

しっかりと潤いを維持させるためにも乳液が必要になってきます。

メンズ化粧水でおすすめできるのはこの5つ【自分に合うものを選ぶ】

乾燥から肌を守れる

化粧水だけでは、ちょっと時間が経つだけで肌がカサカサになります。

乳液を塗ることで長時間保湿を維持することができ、肌のバリア機能としての役割を果たしてくれます

簡単に説明すると、化粧水と乳液をセットで使うと乾燥しにくくなるということです。

特にメンズで何もスキンケアをしておらず、乾燥が気になる方は対策すると変わるかもしれません。

メンズ乳液の選び方

メンズ乳液を選ぶときに後悔しない方法としては、自分の肌がどのタイプか把握することです。

人それぞれ抱える悩みは異なります。

適当に購入して後悔しないように、悩み別で選ぶようにしましょう。

それでは具体的に選び方について話していきます。

乾燥肌に合うメンズ乳液

「一般的な乳液を使っていたけど、どうしても乾燥する」このような悩みをお持ちの方は、成分をしっかりと確認できていないかもしれません。

乾燥肌の方は「保湿成分」「美容成分」を含んでいる商品を選びましょう。

例えばグリセリンとか、セラミドとかですね。

下記の「キュレル」は乾燥を考えて開発されていますし、全身の乾燥で悩んでいる方でも使えるようボディにも使用できるのでおすすめです。

また「バルクオム」はメンズのことを考えて使用したあとにベタベタしない仕上りになります。

乾燥はしたくないけどベタベタもさせたくない方におすすめです。

キュレル ローション ポンプ 

 

 

 

メンズのための乳液【バルクオム】

 

 

ニキビ肌に合うメンズ乳液

大人は基本的にニキビができにくいです。

しかし、ストレスなどを抱えていると大人ニキビができます。

ニキビ肌を改善する方法は様々ですが、軽度なら日頃のスキンケア症状は抑えられます

私も実際に大人ニキビができてからスキンケアで改善することができました。

具体的に乳液を選ぶときは、なるべく抗炎症成分が含まれているものにしましょう

理由は通常のタイプだと原因菌を殺菌することができないからです。

おすすめできる乳液は、主に下記のものを選ぶといいと思います。

「ニキビケア(乳液)」は、保湿もしながらアクネ菌をしっかりと殺菌してくれます。予防にもつながるので、ニキビが気になる方におすすめです。

ニキビケア 乳液

 

 

 

脂性肌に合うメンズ乳液

脂性肌は皮脂の分泌量や水分量が多いので、乳液は必要ないと思われがちですが、実はそうではありません。

確かに、オイル配合など通常の乳液よりも多く油分が含まれているタイプは必要ありませんが、ウォーターベースタイプなどさらっとした仕上がりで肌のバリアもしてくれる乳液がおすすめです

例えば下記のようなメンズ乳液です。

「UL・OS(ウル・オス)」はメンズ乳液として多くの男性から人気を集めています。

特徴としては保湿力があるのにさっぱりとした仕上がりです。

そのため、脂性肌の方でも使いやすいです。

UL・OS(ウル・オス) スキンミルク

 

 

 

敏感肌に合うメンズ乳液

敏感肌の方は、スキンケアの選び方は最も慎重に行わなければなりません。

理由は成分によって肌荒れを引き起こしてしまう恐れがあるからです。

乳液を選ぶときのポイントとしては、低刺激タイプをセレクトしましょう

例えば下記のような乳液ですね。

敏感肌専用の乳液なら肌荒れをする可能性は低いですし、セラミドが配合されていることによって高保湿で乾燥からも守ってくれます。

特に敏感肌にはおすすめです。

キュレル 乳液

 

 

 

乳液の正しい使い方

スキンケアに乳液は必須ですが、間違った方法を繰り返し行うことで肌トラブルにつながることがあります。

特にメンズは「普段スキンケアをしてないから正しい使い方がわからない」方もいるでしょう。

そこでここでは美肌を目指すための正しい乳液の使い方について紹介します。

洗顔→化粧水→乳液の順番は守る

男性の中には乾燥を抑えるために洗顔後に乳液をつける方がいます。

しかしこの方法はNGです。

化粧水を塗ってそれを閉じ込める必要があるので、手順としては洗顔、化粧水、乳液の順に行ってください

目元や口元には惜しまずたっぷり使おう

顔の中でも特に乾燥しやすい部分が目元や口元です。

実際にこれらの周辺が乾燥して肌荒れを引き起こすケースは多いので、できる限りたっぷり塗るようにしましょう。

しかし、注意点としてはゴシゴシしながらつけることです。

強く擦るとかえって肌を傷つけてしまうので、優しく圧力をかけないように塗りましょう

乳液を塗るときはコットン?手?

これらの疑問を抱えている方もいますが、基本的にはどちらでもOKです。

乳液の中にはクリームのようなタイプもあるので、このような場合は手で塗った方が使いやすいですよ。

逆に水っぽい乳液はコットンの方が使いやすいかもしれません。

好みや使っている乳液タイプによって選択していけばいいと思います。

対策しても肌荒れするならほかに原因があるかも

肌荒れを引き起こす原因は、スキンケアだけが問題ではありません。

他にも様々な原因があるので、これから説明する4つの項目に当てはまっている方は、まずは生活習慣などを見直すことから開始してください。

ストレス

日本人は働き者です。しかし、無理をしすぎるとストレスが溜まってしまい、それが原因で肌荒れを引き起こすケースがあります

放置しておくと健康的にも良くないので、例えば休みの日はしっかりと休息をとることや、ストレス発散のために好きなことをするなど対策をしてください。

睡眠不足

睡眠不足はストレスとは違って改善しやすい部分だと思います。

例えば夜更かしをしがちで肌荒れを引き起こしている場合は、ちゃんと時間を決めて寝るようにすれば改善される可能性が高いでしょう。

肌と睡眠はとても関係が深い部分なので、美肌を目指したいなら夜更かしは避けましょう

食事の管理

最近ではジャンクフードなどあらゆる美味しい食べ物が世の中に出回っています。

ハンバーガーや肉だけの生活など好きなものばかり食べていませんか?

栄養が偏ると肌荒れにもつながるので注意が必要です

この場合も食生活を見直せば改善されるので、スキンケアをしても肌荒れが改善されないようであれば食生活の部分にも目を向けてみてください。

髭剃りによる負担

男性は女性とは違い、ヒゲが毎日のように生えてきます。

濃い場合は毎朝処理している方もいるでしょう。

実はこのヒゲを剃る行為、肌にとってはとても大きなダメージを受けています

例えばヒゲの周りだけニキビや肌荒れが発生しているなら、髭剃りが問題かもしれません。

改善する方法は低刺激のシェービングを選ぶか、脱毛しかありません。

私はヒゲに関してはいらない派なので、脱毛をして手間のかからない状態にしてしまいました。

そうしたら自然と髭剃りによる肌荒れは消えましたよ。

脱毛を検討中の方は下記の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

ヒゲの脱毛って痛い?LINXで実際に体験【清潔男子になれた話】