【犬編】散歩後の手入れでやっておきたいことをまとめました

みなさんこんにちわ!今回は愛犬の散歩後のお手入れについてやっておきたいことをまとめました。

これからワンちゃんと一緒に生活するという方にも是非知ってもらいたいことなので、参考にしていただけると嬉しいです。



愛犬のメンテナンスはサロンでのトリミングだけでOK?

愛犬をメンテナンスする方法としては、大きく分けるとペットサロンを利用する方法と自宅でお手入れする方法の二通りあります。

ペットサロンというのは、人間でいう美容院のようなものです。可愛くトリミングしてもらいたい場合などは利用すると便利です。

中にはペットサロンしか利用していないという方もいますが、愛犬が健康的に過ごすためにもできれば自宅でのお手入れも毎日することをおすすめします。

方法は二通りあると説明しましたが、できればペットサロンも自宅でのメンテナンスもした方がキレイな状態を維持できますよ!

散歩後は毎回手入れをしよう!

愛犬の手入れはどのタイミングで行うといいのか?について説明しますが、結論を言うと散歩をした後です。

ワンちゃんは道路の真ん中を歩くことはほとんどありません。(笑)

基本的には草むら付近を好んだり、畑があれば土の方に歩いて行ったりします。

自然が豊かな地域では虫(ダニなど)もかなり多いので、できれば避けて通るのが正解ですが、全て避けるのは無理があります。

散歩後、そのまま放置してしまうと虫刺されや汚れが溜まる原因となってしまうため、毎日散歩が終わったタイミングでお手入れしてあげることが大切です。

ご自宅でお手入れするときの手順

では具体的に何をしなければならないのかについて説明します。

STEP1:ブラッシングを行う

散歩の後のブラッシングは毎日行ってください。

我が家のひまわり(ミニチュアシュナウザー)は犬種的に毛が抜けにくく、丈夫です。

なのであまりブラッシングは必要ないのでは?と思うかもしれませんが、汚れなどは溜まるので毎日欠かさず行うことが大切です。

また、ミニチュアシュナウザーの被毛はダブルコートなので、毛玉ができやすい特徴があります。

毛玉があるとそれをほどこうと噛んで引っ張るようになるので、放っておくと皮膚の炎症に繋がる恐れもあります。

ストレスフリーの生活をさせるためにも、ブラッシングによるメンテナンスは大切かなと思います。

STEP2:足を拭く

散歩の後は肉球部分も汚れが溜まっています。

こちらもできれば毎日拭き取ってキレイにしてあげるといいでしょう。

足を拭くときにはウエットシートを我が家では使用しています。

選び方としては、ノンアルコールタイプを購入することです。

実際に我が家で使用しているものは、下記の画像の「赤ちゃんのおしりふきシート」です。

犬用ではない理由について下記に記載しています。

MEMO

1.ノンアルコールで人間の赤ちゃんでも使えるシートだから
2.枚数が多い
3.安いからケチらず使える

足を拭くときに注意しておきたいポイントとしては、濡れたままにしないことです。

人間も髪の毛が乾ききっていない状態で寝てしまうと雑菌が増殖します。

それと同じでワンちゃんも雑菌がつかないようにするためにも、キレイに拭いた後は乾いたタオルで拭き取るか、軽くドライヤー(冷風)で乾かしましょう

STEP3:乾燥しやすいときは肉球ケアも!

「肉球のケアってそこまでやる必要あるの?」と思う方もいるかもしれません。

結論としては、絶対にやらなければならないことはないけど、乾燥しやすいならやるべきです

そもそもワンちゃんはどういうときに乾燥しやすいのかについて下記に記載します。

MEMO

1.「熱い・冷たい」アスファルトを歩かせるとき
2.室内犬でエアコンを浴びる

などの場合に乾燥しやすくなります。また、足を拭くことは大切ですが、それによって脂肪膜が失われる恐れもあるため、できればケアはしておいた方が安心です。

肉球ケアについてですが、どういった商品を選べばいいのかについては下記に注意書きをしておきますので参考にしてください。

注意

1.もし愛犬が舐めてしまっても大丈夫とされているものを選ぼう!
2.無着色のものがよい!
3.ノンアルコールのものがよい!

ちょっとした豆知識!散歩前にはブラッシングスプレーがいい

ワンちゃんは散歩をした後に様々なお手入れをしなければいけません。

好きで続けられる方なら問題ありませんが、「少しでも大変な作業を減らしたい!」と思っている方におすすめなのが、散歩前にブラッシングスプレーを使用することです。

使用するとどんな効果があるのか?については下記に箇条書きで記載します。

MEMO

1.静電気を抑えることができる
2.静電気によって付着する汚れを防げる
3.散歩後のブラッシングが楽になる

このように、ちょっとした工夫で日頃のお手入れが楽になるので試してみてください。

今回紹介したお手入れに便利なアイテムはこの4つ!