個人のライターと業者で何が違う?記事を外注した場合の違いを比較

<この記事を読んでためになる人>
・個人のライターとSEO業者に発注した場合の違いを知りたい人
・フリーランスのライターとSEO会社に依頼した際のSEO効果を知りたい人
・個人のライターと会社では費用にどのような違いがあるのかを知りたい人
・SEO業者に外注した場合、誰が記事を執筆しているのかを知りたい人

 



個人ライターとSEO業者では価格に天と地の差

個人のライターとSEO業者を比較する上でみんなさんがもっとも知りたいことは価格でしょう。結論から言えば、個人ライターと比較してSEO業者は費用がべらぼうに高いです。ここからはSEO業者を業者と書きます!

記事の内容や工数によっても変化しますが、大体下記のような見積もりになります。

業者の場合:1記事(3,000文字)あたり15,000円〜30,000円
個人のライター:1記事(3,000文字)あたり9,000円〜

1度、業者に頼めばわかりますが、上記の値段以上で見積もられることがほとんどです。個人ライターの約2倍の費用がかかります。では、なぜこんなに費用が高いのでしょうか?

 

SEO業者の費用がべらぼうに高い理由

理由は非常に簡単!仲介料が発生しているからです。からくりを具体的に解説していきますね。

例えば、業者に1記事を15,000円で外注したとします。そうすると業者とライターのそれぞれの取り分は下記のようになるのです。

業者の仲介料:12,000円
外部のライターへの依頼料:3,000円

え?と思われた方も多いかと思います。業者に依頼をしたとしてもその業者に所属する社員が記事を書くわけではありません。業者は我々のような個人事業主に記事を外注します。そして取り分は、ライターが3,000円で業者が仲介料として12,000円持っていくのです。

編集料金が含まれているから12,000円もかかるのでは?と思っている方もいるでしょう。しかし、業者の中にはライターから受け取った記事を編集せずにそのままクライアントに納品しているところも多いです。つまり、作業をしているのは個人のライターだけで、業者はクライアントとのやり取りで12,000円も受け取っていることになります。業者に記事を依頼すると外注者側はとても損することがおわかりいただけたでしょうか

ちなみに、MoreAndMoreは個人事業主です。2名ライターが所属し、外部へ外注せずに記事はこちらで書きますので、業者に比べて安く記事を依頼できます。こちらのお問い合わせから記事の外注ができますので、ご連絡お待ちしております!

 

 

記事のクオリティにどのような違いがあるのか?

次に業者と個人事業主のライターのクオリティの差についてお話します。勘づいている方も多いでしょうが、クオリティの差は皆無と言っても過言ではありません

業者に記事を依頼しても業者は個人のライターに依頼しますので、結局個人のライターが記事を書くことになります。一方、個人のライターに記事を外注したら、記事を書くのは注文を受けた個人のライターです。つまり、どちらに外注したとしても個人事業主として仕事を受けているライターが記事を書くため、クオリティに差が生まれることはありません!

でも価格は違うよね?と思われた方は恐らく私の言いたいことがわかっているかと思います。そうです!業者に依頼するとクオリティは同じで高い費用がかかるというわけです。ですので、依頼すると損をすることになるのがおわかりでしょう。

 

 

納品物に対する満足度の違いについて

もちろん、業者に頼むと満足度はかなり低くなります。勘違いしないでください。別に業者をディスっているわけではありません。業者に依頼して満足が得られない理由は、割高感がすごいからです。

例えば、15,000円で業者に外注した場合、恐らく外注者は15,000円分のクオリティの記事を求めていますよね?しかし、実際は3,000円分のクオリティの記事が納品されるのです。なぜなら、業者は個人ライターに3,000円(文字単価1円)で記事を外注します。もちろん、ライターは3,000円分の仕事しかしないので、当然記事のクオリティも3,000円分というわけになるのです。ですので、業者に記事を外注すると、15,000円も払ったのに3,000円分のクオリティの記事しか納品されない→満足できないとなるわけですね

一方、個人のライターに15,000円で記事を外注すれば、15,000円分の仕事をしようとします。外部に委託せずに自分で書き上げますから言ってみれば15,000円はそのライターに丸々入ってくるというわけです。誰だって頑張ろうと思いますよね。また、自然の心理として、このクライアントを失いたくないと考えます。もし、今回依頼して頂いた記事のクオリティが低かったら、継続してもらえないかもしれないとライターは思って執筆作業をするでしょう。その心理が自然と記事クオリティを高くしてくれます。つまり、個人ライターに記事を外注したほうが、業者に依頼するよりも満足できるというわけです。

 

 

修正対応にどのような違いがあるのか?

修正対応に関しては業者のほうが柔軟に対応してくれます。基本的に業者に修正依頼をすると、その記事を書いたライターが修正を対応するという形が多いです。ここでも業者はまだ何もしません。しかし、単価の関係でライターに修正依頼を断られた場合、ここからがようやく業者の出番です。業者がライターの代わりに修正対応をしてあげることになります。しかし、よく考えてみてください。少しおかしな話ですよね。

・ライターは取り分が少ないので、修正対応まで迫られると嫌になるのはあたりまえですよね?
・べらぼうに高い仲介料を取っているのでライターの代わりにはじめから修正対応するのが普通ではありませんか?

一方、個人事業主のライターに記事を15,000円で直接外注すれば、大幅な修正依頼でない限り、対応して当たり前と考える人が多いでしょう。仲介業者がいないことで、修正依頼をしたとしてもクライアントとライターはお互い良い関係を築けるというわけです。

 

 

サポート体制に関する違い

個人事業主はメールなどで対応することが多くなります。予算の関係上、出張をすることは難しいこともあるでしょう。

一方、業者の中にはメールや電話だけでなく、直接会いに来てくれるところもあります。しかし、出張料などが発生するケースが多く、結果的に料金が高くなりがちです。

ちなみに、個人事業主に依頼をしても、業者に外注したとしても、検索順位の保証はしていないところが普通になります。「検索順位1位を保証します!」というような宣伝文句には引っかからないでください。どのような記事でも検索順位1位を取れる人は絶対にいません。

 

なんだ!それなら個人ライターに依頼したほうがいいじゃん!

Web業界で長い間ライターとして活動してきましたが、業者に費用を多く払いすぎているクライアントを山ほど見てきています。業者に依頼しても結局ライティングをするのは個人事業主である我々のようなライターです。業者に依頼している人はめちゃくちゃ損をしているというケースが多くなります。信じてください!個人事業主に記事を外注したほうが結果的に満足することができますし、費用も節約できるのです。もう一度言います。結局記事をライティングしているのは我々のような個人事業主で活動しているライターです。