ライターの4つの探し方・見つけ方!選択肢がたくさん見つかる

<この記事を読んでためになる人>

・ライターをどこで探せばいいのかわからない人

・ブログやホームページの記事執筆を任せられるライターを探したい人

・緊急にライターを確保しなければならない人

・クラウドソーシングやオンラインマーケット、個人事業主、SEO業者それぞれの特徴を知りたい人

 

 



ライターをクラウドソーシングで探す

クラウドソーシングは、インターネット上で企業が業務をフリーランスに委託できるサービスのことです。実は、クラウドソーシングで記事発注の依頼を請け負っているフリーランスが多くいることをご存知ですか?そのため、サービスを利用すればライターを手っ取り早く探せることもあります。

 

クラウドソーシングでライターを探すメリットは、ざっくりと言えばこんな感じです。

 

文字単価が安い(1文字1円以下でも応募してくれるライターがいる)

クラウドソーシングを提供する会社が仲介をしているためトラブルが起こったときも安心

文字単価を高くすれば1回の応募でたくさんのライターを確保できる

やり取りはメッセージだけなので楽!

 

良いところばかりを挙げましたが、実はデメリットも多いというのがクラウドソーシング。微妙なところや利用しづらい点をピックアップしておきます。

 

消費税が課税される(消費税を払わないのは違法ですが、税抜きの単価で発注をする場合、金額設定が少し面倒になります)

信頼関係が築けていない状態で仕事を発注することになる(直接会うことはなく、メッセージだけなので信頼関係が築けない)

レギュレーションなどが伝わりづらいため、期待通りの記事が上がってこない。つまり、事細かく説明する必要がある

トラブルになるケースもある(修正依頼を承諾いただけないなど)

 

クラウドソーシングには、たくさんの種類があります。代表的なクラウドソーシングサービスをついでにご紹介しておきますね。

 

CrowdWorks


CrowdWorks公式サイトへ

ライターとして働いている人やWeb制作会社、SEO業者の中で知らない人はいないサービスです。毎日多くの案件が次々にアップされており、たくさんのライターが利用しています。CrowdWorksの特徴はこんな感じです。

 

・プロジェクト型とタスク型、コンペ型の3種類の発注方法がある(普通、ライターを募集する際、コンペ型での依頼はしませんので、実質2種類の発注方法になります。)

・企業名を隠して発注が可能(ライターの中には身元がわからない案件は取らないという人もいるのでその点は注意です。)

・運が良ければスキルの高いライターに出会える

昔より過疎化しているので残念!(個人の感想です。)

 

Lancers

Lancers公式サイトへ

 

Lancersも超有名なクラウドソーシング。正直、CrowdWorksと特徴が似ており、ご紹介すると上記の内容と重複しますので、ここでは控えさせていただきます。

 

Yahoo!クラウドソーシング

Yahoo!クラウドソーシング公式サイトへ

 

Yahoo!クラウドソーシングはCrowdWorksやLancersで紹介されている案件がまとめて表示されています。なので、記事を発注するならCrowdWorksもしくはLancersのどちらかを使いましょう。

 

Bizseek


Bizseek公式サイトへ

コンペ式とプロジェクト式の2種類の依頼方法があります。上記の中でも知名度が低く、ライターの利用者数は少ないかと思われます。これといった特徴はなく、CrowdWorksやLancersと同じです。

 

オンラインマーケットで探す

2つ目のライターの探し方としてオンラインマーケットがあります。オンラインマーケットと聞いてピンと来ないという方も多いでしょうが、現在CMなども放送されているココナラがオンラインマーケットの代表的な例になります。

 

ココナラ公式サイトへ

ここからはココナラを中心として話させていただきます。ライターを探す場合、ライティングカテゴリの中で好みのサービスを見つけることになります。具体的に人気のあるサービスとしてこのようなものがあります。

 

・”SEO対策・コンテンツ・品質重視の記事執筆します
ランキング1位獲得済ライター、出版賞受賞ライターが心をこめて
¥50,000”

・”情報収集を含めた【記事作成(10記事)】を承ります
*アイデアがあってもまとめる時間が取れない方にオススメです!
¥60,000”

 

・”50記事/WEB記事執筆/投稿/プロが執筆します
商用・アフィリエイト・ポータルサイトの記事執筆/50記事
¥140,000”

 

・”取材から記事・文章作成までトータルで承ります
イベント取材・記事化、文章作成までトータル対応します!
¥50,000”

 

魅力的なタイトルでサービスが紹介されており、価格も大体相場に近いものという感じです。もっとサービスをチェックしたいという方は下記にリンクを貼っておきますので、そちらからアクセスしてみてください。

 

ココナラ公式サイトへ

個人事業主・フリーランスに直で委託する

3つ目は、個人事業主フリーランスにチョクで依頼する方法です。個人事業主やフリーランスの中には、ホームページやブログを公開してそこから依頼を受け付けているところがあります。また、SNSから相談に乗ってくれるライターもおり、これらの方法で書いてもらえる人を探すことが可能です。

 

クラウドソーシングやオンラインマーケットからライターを獲得するよりも直に委託したほうが数多くのメリットを依頼主は獲得できます!ざっくりと言えば、下記のような感じです。

 

仲介手数料がないので、依頼を安い価格で受け付けているところもあり!

ライターが書いたブログを見てそのライターの能力を把握した上で依頼ができる!

お互い住まいが近い場合、会って打ち合わせをすることも可能!

本職なので真剣にライティングしてくれる!

また、経験も豊富なので品質が高い記事が上がってくる!

 

しかし、チョクで個人事業主やフリーランスに依頼する場合、下記のような点を注意するといいでしょう。

 

文字単価や修正料など費用面に関する相談は綿密に行っておく(契約書を交わすとGood!)

作業の範囲をあらかじめ決めておく(WordPressへ投稿までしてほしいのかそれともWordで納品すればいいのかなど。)

記事のイメージをしっかりと伝える

納品日と検収日を決めておく

 

MoreAndMoreでは記事執筆の受付をしています。興味のある方はぜひこちらのページからお問い合わせをしてみてください!

 

Web制作会社に委託する

ラストです!4つ目は、Web制作会社に委託する方法があります。「会社だから個人事業主への直依頼やクラウドソーシングの利用よりも安心だ」と思われている方もいるでしょう。しかし、そんな単純な話ではありません。その理由はこんな感じです。

 

・Web制作会社に依頼した場合、仲介料が発生する

・編集体制が整っていないところも多い

 

大切なポイントになりますので、箇条書きの部分を小見出しにわけて詳しく解説していきますね。

Web制作会社に依頼した場合、仲介料が発生する

Web制作会社の中には、記事制作をほかのライターに外注しているところがあります。このような会社はクライアントから頂いた報酬の一部をライターに支払います。例えば、クライアントが1記事10,000円で発注したとしても、ライターに支払われる報酬は、3,000円です。つまり、7,000円が仲介料としてWeb制作会社に入ります。

 

このような仕組みになっている場合、ライターは3,000円分の仕事しかしてくれないので、品質の高い記事を納品してもらうことは難しくなり、クライアントが損をすることになるでしょう。Web制作会社に依頼をするときは、しっかりと見極めて記事の発注を行う必要があります。

編集体制が整っていないところも多い

Web制作会社の中には、仲介料はしっかりと取るくせにライターから受け取った記事の編集を自分で行わないところも多いです。つまり、上がってきた記事をそのままクライアントへ納品するという形になります。これでは、Web制作会社に委託したとしても、品質が担保されませんので、クライアントはかなり損することになります。

 

ライター探し方のまとめ!

今回は、ライターの探し方を4種類ご紹介させていただきました。もし、個人事業主に直接依頼したいという人がいるなら、ぜひMoreAndMoreにご相談ください!