ライターにかかる費用相場はいくら?記事発注するなら知っておこう!

 

<この記事を読んでためになる人>
・ライターにいくらで記事を発注すればいいのかわからない人
・ライターに記事を発注する場合の相場を知りたい人
・費用相場を知ってライターと交渉したい人
・相場を知って安価な値段で発注しないように気をつけたい人



記事を発注する場合の一般的な相場

結論を先に言います!相場は文字単価1円〜15円です。

Web業界では、ライターに発注をする際、文字単価で価格提示をすることが多いので、今回も文字単価で相場を算出しました。ページ単価として算出すれば、1ページ3,000文字の記事なら、ページ単価9,000円〜45,000円です。

相場の値幅がとても大きいと思われた方もいるでしょう。その理由はライターの経験やスキルによって文字単価が大きく変化するからです。そのため、経験が浅いライターに頼めば、安い費用で依頼することができ、逆にスキルがあり経験豊富なライターに発注すると1記事あたりにかかる費用は高くなります。また、書いてもらいたい記事のジャンルや作業工数によっても費用は大きく変化するでしょう。

 

記事ジャンル別費用相場

先程少し話題の中で触れましたが、発注したい記事のジャンルによって相場が変わります。ジャンル別に具体的な相場をご紹介していきますので、発注する際の参考にしてください。

“美容”に関する記事の料金相場は文字単価1円〜

美容系記事の費用相場は文字単価1円〜になります。その理由は、書ける人が多いからです。

お化粧を毎日したり、エステに通ったりなど、美容は生活の身近なところにあります。特に女性なら誰もが詳しい分野になるため、美容系記事を書ける人が多く、費用はほかのジャンルに比べて安くなるというのが一般的です。

ファッション・グルメ系記事も文字単価1円〜が相場!

基本的に生活の身近なところにあることは文字単価1円〜と考えていいでしょう。ファッションやグルメも生活の身近なところに該当するため、文字単価1円〜発注するというケースが多いです。

結婚・恋愛系記事も文字単価1円〜

結婚・恋愛も生活の身近なところにありますよね?そのため、同様に文字単価1円〜です。しかし、成年系のWebサイトに掲載する記事の場合、費用が大幅に跳ね上がることがあります。もしくは、依頼を受けないというライターもいるでしょう。

金融に関する記事は文字単価3円〜

金融系の記事の料金相場は文字単価3円以上〜になります。「金融系って具体的にどのような記事?」と疑問を持たれた方も多いと思いますので、金融に含まれる記事を下記にざっとピックアップしておきます。

・キャッシング
・クレジットカード
・住宅ローン
・自動車ローン etc.

アフィリエイトでは儲かるジャンルとして知られており、高い費用を捻出してライターに頼むという人が多いようです。発注者の中には金融関係者限定のライターを探している人もおり、そのような方に依頼すると文字単価5円以上必要というケースも珍しくありません。

学習や資格に関する記事は文字単価3円〜

学習・資格系記事は文字単価3円以上〜になります。高学歴のライターなどに学習系記事を依頼する場合や紹介したい資格を取得しているライターに発注するときは5円以上というケースも珍しくありません。

プログラミング系記事は文字単価5円以上

プログラミング系記事の場合、文字単価は5円以上〜です。記事を書く場合、プログラミング経験が必要になります。プログラミングができるライターは少なく、希少価値が高いため、費用も高くなりがちです。

また、プログラミング系記事で信憑性も求めたいという場合、文字単価が大幅に跳ね上がるもしくは依頼を受け入れてくれないというケースがあります。プログラミング系記事における信憑性とは、正しく実行されるかどうかです。簡単に言えば、記事で書かれているコードをそのままコピーしてペーストしたらそのままプログラムが正しく動くことを意味します。プログラムはバージョンによって仕様などが変化しますので、保証することが難しいという側面があります。そのため、信憑性のあるプログラミング系記事は、条件付き(記事を書いた時点のバージョンで正しく動く)&高単価、もしくは依頼を拒まれるというケースが多いです。

医療・健康系記事は文字単価10円以上

医療・健康系記事は文字単価10円以上〜です。ジャンルの中でお金がかかる記事TOP1になります。その理由は、医療・健康系記事には権威性や信憑性が求められるからです。

いつの日か忘れましたが、Googleのアップデートにより医療・健康系記事の検索順位が大幅に変わりました。特に信憑性が薄いものは遠くのほうに飛ばされてしまったのです。

そして現在、医療・健康系のWebメディアを運営している人は記事の信憑性を担保するために、医師免許や看護師免許がある人に書いてもらう、もしくは監修してもらうようになりました。医師もしくは看護師さんの中でWeb記事を書いてくれる人は恐らく少数になりますので、文字単価も高いというわけです。

 

どのような人に発注するかで費用相場は変わる

これも最初に触れたことですが、誰に発注するか?によって費用は変わりますよね。細かく見るのが面倒という方は先に表で簡単に説明しますので、そちらをチェックして帰ってもOKです!Twitterとかフォローしてくれるとありがたいです!

文字単価の相場一言
有名ライター20円以上ブログでとても稼いでいるライターなど
上級ライター15円〜20円資格があるライター、経験が豊富
中級ライター3円〜15円数年以上の経験があるライター
初心者ライター1円〜3円1年未満程度経験があり問題なく読める記事がかけるライター
未経験ライター0.1円〜1円はじめて記事を書くライター

未経験ライターは文字単価1円未満もOK?

未経験ライターの場合、文字単価1円以下というケースが多いです。未経験とは、今まで記事を書いたことがない人になります。経験がないため、記事の質を担保できないという理由で相場が安いです。

 

初心者ライターは1円〜3円が相場!

初心者ライターの相場は1円〜3円になります。経験が1年未満でいくつか記事を書いたことのある人が該当します。今まで書いた記事を見ることができるため、人選しやすいというメリットがあります。

 

中級ライターの文字単価の相場は3円〜15円

数年以上記事執筆の経験がある人です。記事作成の流れが身についており、クライアントの要望に沿って記事を書くことができます。

 

上級ライターの文字単価は15円〜20円

記事執筆の経験が豊富にあり、SEOに関する知識がある人のことです。検索順位上位を狙える記事が書けるので、そのぶん費用も高くなります。

 

有名ライターの文字単価の相場は20円以上

ブログですでに稼いでおり知名度も高い場合、文字単価も破格です。知名度が高いため、記事を書いただけで注目が集まるため、価格が高くなります。

 

ライターには適切な費用で発注をしよう!

記事の発注を考えている人は、MoreAndMoreで記事の発注をしてみませんか?こちらのページからお問い合わせを受け付けていますので、気軽にご相談ください!