Webライターの求人に応募するとフリーランスを卒業できるのか?

<この記事でわかること>
・Webライター求人の仕事内容
・求人に応募すればフリーライターでも正社員になれるかどうか

 



フリーランスは楽ではないということ

Webライターにとってフリーランスという働き方は楽ではありませんよね。会社から雇用されているわけではないので、給料が保証されませんし、すべての仕事を自分一人でこなさなければなりませんので、ライティングのほかにも営業や経理などさまざまな作業をする必要があります。フリーランスWebライターの仕事が甘くないということは下記のURLで詳しく解説していますので、これ以上の解説を省かせていただきます。

フリーランスWebライターの現実!甘くないし楽じゃない

「フリーランスは辛い…..」と感じた時に思いつくことは、「Webライターの求人に応募すれば正社員になれるのではないか」ということです。フリーランスから正社員になれることができれば、現在抱えているさまざまな悩みから開放されることでしょう。しかし、果たしてそんなことができるのでしょうか

 

 

Webライターの求人に応募すればフリーランスは卒業できるが…..

結論から言えば、Webライターの求人に応募することで、フリーランスを卒業することはできます。しかし、現実は厳しいといえるでしょう。厳しいといえる理由は下記です。

 

・正社員として雇用してくれる求人は少ない
・バイトとして応募すると時給1,000円〜2,000円が相場
・正社員雇用のある求人は最終的に編集者を目指すものばかり
・自宅から通えるWebライター求人は少ない
・履歴書は必要ないが実績のある人材を求めている企業が多い

では、各項目について詳しく解説していきますね。

 

正社員として雇用してくれる求人は少ない

実際に、求人を見るとわかりますが、「雇用形態:正社員」と表示されているところは非常に少ないです。契約社員やバイトとして雇用するという企業が多く、Webライターとして正社員で雇用してもえる可能性は低いでしょう。特に雇用形態として多いのが業務委託契約です。つまり、結局フリーランスというわけですね。そのため、現実は厳しいということが言えます。

 

バイトとして応募すると時給1,000円〜2,000円が相場

「フリーランス辞めたいからバイトでも良いよ!」という方もいるのではないでしょうか。業務委託契約の次に多いのがバイトですが、時給が比較的安いという印象です。今までまったく稼いでいないWebライターなら、時給相場1,000〜2,000円と聞いて高く思うかもしれません。しかし、フリーランスとして活動しており、普段それ以上稼いでいるという人にとっては安い単価となるでしょう。実際に、フリーランスを辞めてバイトとして雇用されると年収が下がってしまうという方も多いわけです。

また、バイトは正社員とは異なり、基本給はありません。働いた分を報酬として受け取ることになります。フリーランスも働いた分だけ報酬を得るのでバイトになるメリットがありません。もちろん、ボーナスもありませんし、福利厚生も受けられませんので、バイトになるぐらいならこのままフリーランスとして活動していこうという方が多いのです。

 

正社員雇用のある求人は最終的に編集者を目指すものばかり

求人の中には、正社員として雇ってくれるものもありますが、その多くが編集を目指す求人になります。編集者は、ライターから文章を受け取り、編集をするお仕事です。校閲とも言われていますよね。もちろん、ディレクションの役割を担う編集者もおり、その仕事内容は多義に渡ります。

Webライターの方で、編集作業が好きという人は問題ありませんが、そうでない人も多いでしょう。特にこの職業につく人は黙々と作業するほうがいいと思っている方がほとんどです。編集者になれば、クライアントと打ち合わせをしたり、ライターに指示を出したりしなければなりませんので、得意でないこともやる必要があります。また、今までやったことがないという方も多いため、求人への応募を辞めておこうとなってしまうのです。

 

 

自宅から通えるWebライター求人は少ない

東京都など、いわゆる都会に住んでいる人なら、Webライター求人がたくさんあります。しかし、もし地方に住んでいるなら、お住まい周辺にWebライターの応募を行っている企業は少ないでしょう。

フリーランスとして仕事を取っていた方なら理解できるかと思いますが、記事を委託している企業は都会に集中しています。特に多いのが東京、その次に名古屋といったところでしょうか。つまり、地方に住んでいる人は求人が少ないので、リモートでも可能な東京の会社から業務委託を受けたほうが手っ取り早いというわけです。

 

履歴書は必要ないが実績のある人材を求めている企業が多い

求人の多くが履歴書なしとしています。「履歴書いらないなら楽じゃん」と思った方も多いでしょうが、誰でも採用されるわけではありません。

求人の中には未経験からでもOKというものもありますが、そうでない求人は実績を求めているというケースが多いです。例えば、「今まで書いたことのある記事を見せてください」だとか、「ブログのURLを貼ってください」といった文言が多数見受けられます。そのため、実績がないとまともなメディアで働くことができないというわけです。

 

 

フリーランスWebライターと正社員の比較

このように、フリーランスとして働いてもWebライターは厳しいのです。それなら、求人に応募するのではなく、今までどおり活動を続けたほうがいいのではないでしょうか。また、フリーランスにも良いところはたくさんあります。良いところを再確認するために、正社員とフリーランスの働き方を比較させていただきました。

働き方フリーランス正社員
給料執筆料のみ基本給+手当(ボーナスあり)
勤務時間自由平日9:00〜18:00など
人付き合いほぼなしあり
仕事のやるやらない自分で選べる会社が決める
作業内容ライティングなどライティングのみ
孤独感MAXなし

 

 

給料の差

フリーランスの給料はもちろん執筆料です。一方、正社員は基本給になります。一見フリーランスWebライターのデメリットのように思えますが、正社員には上限がある程度決められていて、フリーランスは無限に稼げることができると言えます。自分次第でどれだけでも稼げるのでメリットになるでしょう。

 

勤務時間の差

フリーランスは働き方がとても自由です。正社員と同様に朝早くから仕事をはじめてもいいですし、夜中に仕事をして昼間は寝るという生活も可能になります。

 

人付き合いの差

フリーランスのWebライターは人付き合いがほとんどありません。ですので、人付き合いが少ないのも魅力です。

 

仕事のやるやらないの差

正社員とは違い、自分で決められます。嫌な仕事はしなければいいのです。

 

作業内容の差

正社員のWebライターはライティングのみですが、フリーランスは営業や会計などさまざまな作業をしなければなりません。その点はデメリットです。

 

孤独感の差

フリーランスとして働き続けられている方は、もともと孤独感に強い人だと思われます。逆に孤独に仕事ができるので、嬉しいことではないでしょうか。

 

正社員のように安定的に働くためには?

フリーランスWebライターが安定して働くためには、不安定な部分を何かでカバーすればいいのです。例えば、現在ではフリーランス保険 がありますし、孤独を感じるのであれば、オフィスを借りるという方法もあります。求人に募集して正社員にならなくても不安定な部分をカバーすることで、安定したフリーランス人生を送れることでしょう。