Webライターは未経験でもできる?何からはじめればいいのか詳しく解説

<この記事を読んでわかること>
・未経験でもWebライターになれるのかわかる
・未経験でもフリーランスのWebライターとして生計を立てていけるのかがわかる
・初心者のWebライターが稼ぐためには何からはじめればいいのかがわかる

 



未経験でもWebライターとして食っていくことはできるのか?

先に結論を言えば、「未経験でも稼ぐことができる!」ということです。会社員ではなく、フリーランスとしてはじめたとしても生計を立てていけます。もちろん、テキトーに言っているわけではありません。では、なぜ未経験の人でもWebライターとして食っていけるのか理由を詳しく説明していきます。

 

ほかの職業に比べて求められる技術が少ない

日本語が話せてキーボードのタイピング技術があれば採用してくれる案件もあるからです。実績がなく受注経験がなくても応募できるお仕事はたくさんあります。つまり、求められる技術が少ないため、未経験でもWebライターという職業は就きやすいというわけです。

しかし、もちろんお仕事の中にはライティング経験3年以上といった条件を設けられることもあります。すべてのお仕事で求められるスキルが少ないというわけではありませんので、その点は注意にするようにしてください。

 

未経験者歓迎の案件でも1ヶ月頑張れば20万円以上は稼げる

未経験のWebライターでも稼げるので、未経験だからといって生計が立てられないということはありません。未経験のWebライターでも案件によっては1文字1円でお仕事を開始できます。1日3,000文字の記事を3記事こなせば1日1万円は稼げるので、普通の会社員並の給料を手に入れることも可能でしょう。

 

 

Webライターとしての働き方

Webライターの働き方は大まかに分けて3つあります。それぞれの働き方を詳しく解説していきますね。

 

フリーランスとして仕事を受注して働く

在宅や個人事務所でお仕事を受注し、稼いでいく働き方です。恐らく、この記事を読んでいる人はこの働き方に憧れを抱いている方が多いのではないでしょうか。実際に在宅や個人事務所でWebライターとして働けば、下記のようなメリットを獲得することができます。

・1人で作業するため人間関係が少ない!
・出勤時間と退社時間は自分で決められる!
・いきなり「はい!今日は休み」ということも可能!
・仕事を引き受けるかどうかの判断はあなた!
などなど。

 

企業に常駐して働く

個人事業主としてWeb制作会社やSEO業者に行き、その社内で仕事をする働き方です。この働き方は常駐と呼ばれます。Webライターの中にも常駐で働いている方はいますが、特にフリーランスエンジニアなどに多い働き方です。常駐で働くメリットは下記となります。

・プライベートと休日が混合しない
・その会社の社員と共同で作業できるので、緊張感が保たれる
・年俸が高い

 

会社員として働く

制作会社などに正社員として雇用してもらう方法です。この記事を見ている方の中には、正社員として働きたいという方は少ないと思われますので、ここでは簡単な紹介とさせていただきました。

 

 

未経験の方がフリーランスのWebライターとして仕事をはじめる方法

「未経験からフリーランスWebライターになりたい!だけど何からはじめればいいの?」と思われる方も多いことでしょう。私もそうでしたが、実際にこのようなはじめかたで徐々にWebライターとしての経験を積んでいく方が多いので、真似してみてはいかがでしょうか。

 

まずは仕事を探すこと

当たり前ですが、仕事がないとWebライターとして食っていくことはできません。そのため、はじめにやるべきことは、仕事を探すことになります。しかし、仕事を探さなければならないことぐらいは誰でもわかっていますよね。恐らく読者が本当に知りたいことは、どのように仕事を獲得すればいいのかということですよね?

基本的にはクラウドソーシングなどを利用して仕事を獲得していくことになります。有名どころのクラウドソーシングサービスは下記です。

 

CrowdWorks

ランサーズ

Bizseek

チームワーカーズ

 

もっと詳しく仕事を獲得する方法を知りたいという方もいるでしょう。仕事の獲得の仕方は下記のページに詳しくまとめましたので、チェックしてからこの後の文章を読んでみてはいかがでしょうか。

Webライターの営業方法は5つある!それぞれの良いところ悪いところ

 

 

仕事をしながらライティング技術を磨いていく

Webライターにとってライティング技術は欠かせないものです。正しいライティングの仕方を身につけることでテストライティングの採用通過率もアップします。また、記事の修正対応も少なくなるので、効率的に稼げるWebライターになるでしょう。正しいライティングの仕方は後で解説するWebライターが身につけておきたいことでご紹介しますので安心してください。

しかし、正しいライティングの習得を最優先にすべきでないと考えています。仕事に取り組む前にライティングの本を読み漁り、習得できたら仕事に応募するという方が非常にたくさんいます。確かに間違った手順ではありませんが、デメリットのほうが多いでしょう。例えば、下記のようなデメリットが考えられます。

 

・実績を積むのが遅くなる
・仕事の探し方が身につかない
・本が基準になるので柔軟な対応ができず頭でっかちになりやすい

 

そのため、仕事に取り組みながらライティングの仕方も勉強していくというほうが未経験のWebライターにおすすめしたい手順になります。実際にお仕事に挑戦すれば、ライティングの仕方を本で学ぶより身につくスキルが遥かに多いです。「100の勉強よりも1つの実践!」というわけですね。

 

 

未経験のWebライターが身につけておきたいこと!

未経験の方は、これからWebライターとして必要なスキルを身につけていくという人が多いのではないでしょうか。ここでは、「このスキルを身につけておけばWebライターとしてお仕事が取りやすくなる」「フリーランスWebライターが知っておきたい知識」などをご紹介します!

 

正しいライティングのやり方を身につけよう!

Webライターが役に立つのがSEOライティングです。SEOライティングを身につければ、記事を発注してくれる方が増えます。また、仕事に応募した際、採用される可能性が高まるでしょう。具体的に正しいSEOライティングのやり方を知りたいという方は下記のページで詳しく解説していますので、ここで正しい記事の書き方を学んでください!

初心者Webライターなら知っておきたい!記事の書き方のポイント9つ

 

1番大切なのは実は営業力?

Webライターの中でも特にフリーランスとしてお仕事をしていきたいという方は営業力を高めるといいでしょう。ライティング技術が高く、読みやすい文章が書けるWebライターでも、仕事がなければただの無職同然です。そのため、営業力はフリーランスWebライターにとってもっとも大切な技術かもしれませんね。

 

メールの常識を身につける

Webライターは制作会社やクライアントと連絡を取る時、Gmailやチャットワークを使用するケースが多いです。また、営業もメールでやる!という個人事業主も少なくないため、メールの正しいやり方を学んでおくと便利でしょう。

メールの正しいやり方を学ぶことで、相手に失礼のない文章を送ることができます。気持ちよくお仕事をするためには必要な技術ですよね!

 

請求書の作り方も知っておく

フリーランスのWebライターは請求書を自分で作る必要があります。請求書を発行しないと執筆料を払ってもらえません。そのため、Webライターにとって必要な技術です。請求書の作成はMisoca が便利です。

 

確定申告について学ぶ

源泉徴収税を支払っていない案件から受け取った報酬はすべて国に申告をしなければなりません。そのため、毎年2月に確定申告をする必要があります。確定申告の詳細は詳しく解説しませんが、税理士で依頼する人以外は自分で申告することになるので、知識を知っておくと楽ですよ。

 

 

君ならきっとやっていける

不器用な私でも未経験からフリーランスWebライターになれたので、あなたもきっとWebライターとして稼いでいくことができるはずです。Webライターという道を歩みはじめるとたくさんの壁にぶち当たることになります。しかし、それを乗り越えるたびにWebライターとしての希少価値を上げていくことができるのです!