バイトよりもWebライターのほうが得だし社会勉強になるという話

<この記事でわかること>
・Webライターの仕事内容
・なぜ通常のバイトよりWebライターのほうが得なのか
・なぜ社会勉強になるのか

 



Webライターのお仕事は?

「わかっとるわ!」というツッコミがきそうですが、記事を書くことです。簡単に言えばそうなのですが、記事を書く以外の作業もたくさんあります。なぜなら、フリーランスだからですね。例えば、営業や会計なども作業も自分で行わなければなりません。

 

 

通常のバイトよりもWebライターをしたほうが得

飲食店や配達というバイトよりもWebライターをしたほうが絶対得をします。何が得なのかを早速チェックしていきましょう。

 

周辺にある時給が高いバイトよりも稼げる

地域によっても変わるかと思いますが、時給1,000円を超えるバイトは比較的お給料が高いですよね。しかし、Webライターならそれよりも高額の報酬を得られる可能性があります

基本的にWebライターは文字単価で稼ぐことになります。そのため、時給で雇われるということはありませんが、仕事によっては時給1,000円を上回ることは大いにあるでしょう。例えば、時給換算すると3,000円以上というお仕事も珍しくありません。そのため、バイトよりもWebライターとして働いたほうがお金の面で得をするというわけです。

 

在宅で稼げる

Webライターなら在宅でお仕事ができます。なぜなら、インターネット環境とパソコンさえあればできるお仕事だからです。これにより、通勤の必要もありません。また、自分のペースでお仕事をしていくことができるので、魅力的ではありませんか?

下記の記事では、Webライターとして在宅で稼ぐためのステップをご紹介しています。合わせて記事をチェックするといいでしょう。

Webライターを在宅でやるたった3つのステップ【5分でわかる】

 

 

人間関係気にしなくてもよし

在宅で仕事ができるという点と直結するお話になりますが、Webライターというお仕事はウェイトレスなどのバイトに比べて人間関係も少なく済ませられます。なぜなら、基本的に記事を書くことが仕事なので、ひとりで仕事をすることが多いからです。慣れない環境に身を置く必要がないので得ですよね。

しかし、全く人付き合いをしなくてもいいというわけではありません。仕事内容によっては取材が必要になることもありますし、クライアントと打ち合わせをしなければならないこともあります。人間関係ゼロの状態は記事を書く時だけになりますので、その点は注意しましょう。

 

文章力が身につく

ただ書いているだけで文章力は身につきません。しかし、Webライターをしていると校閲などが入ることもあるので、良くない書き方を指摘されることがあります。その指摘を受けて書き方を修正していくことで、文章力が身につきます。そのほかにもWebライターになれば、SEOの考え方CMSなどWeb制作における必要な知識も身につけていくことが可能です。

 

 

Webライターとして独立できるかも

独立できる可能性が高いこともバイトより得できる点です。例えば、大学生がWebライターになれば、卒業後、企業に就職せずにWebライターとして独立して働いていくことができるかもしれません。就職活動をしなくても済みますし、企業に所属しなくてもいいため、魅力を感じる方も多いのではないでしょうか?

 

Webライターは社会勉強にもなる

バイトをするという方の中には、社会勉強も兼ねてという人も多いのではないでしょうか。実は、Webライターというお仕事をすることで、十分に社会勉強をすることができます。

 

営業の仕方を学べる

営業の仕方を社会勉強することができます。「Webライターなのに営業職の勉強ができるの?」と思われた方のために解説しますと、Webライターは自分で仕事を取る必要があります。つまり、お仕事探しも自分もやらなければなりませんので、Webライターをやっていれば、どのように仕事を探せば良いのか、案件を受注するか否かの見極め方などを身につけられるというわけです。そのため、将来営業職に就きたいという学生にでもWebライターをすれば就職した後にそのときの活動が十分に役立ちます。

 

 

交渉術が身につく

バイトで交渉術を学ぶことは難しいでしょう。しかし、フリーランスとして働くWebライターは、単価や条件交渉を自分で行う必要があります。例えば、「文字単価を上げてほしい」、「ここの工数を減らしてほしい」といったことをクライアントやWeb制作会社に伝えます。

交渉は勇気がいりますし、こちらの良い条件にしすぎると断れてしまうこともあるので、はじめは難しいかもしれません。しかし、学生のうちから交渉に慣れておけば、社会人になったときにいい成績を早く出すことができるため、魅力的ではありませんか?

 

メール・電話対応の仕方を学べる

今の時代、電話で対応することは少なくなりましたが、クライアントの連絡はほとんどメールで交わすことになります。そのため、Webライターになれば、自然と失礼のない常識的なメールを打つことができるようなるでしょう。

実際に社会に出ると、メール対応をしなければならない機会も多いです。例えば、お客さんのお問い合わせメールの対応に迫られることもあるでしょう。メール対応をさせてくれるバイトは少ないので、Webライターのほうが社会勉強になる可能性があります。

 

請求書の書き方がわかる

請求書の書き方も覚えられます。バイトではめったに身につけられない知識です。Webライターは、正社員ではないため、案件を終えるとクライアントや制作会社に請求書を発行します。請求書発行にはどのようなツールを使用すればいいのか、消費税の有無や源泉徴収などさまざまなことを学べるので、メリットは大きいでしょう。

 

Webライターとしてバイトするならここは注意しろ!

バイトよりも得できる可能性があるWebライターですが、いいことばかりではありません。

 

単価がすべて高いわけではない

例えば、記事の単価がすべて高いというわけではありません。先程、周辺の高額バイトよりも稼げるといいましたが、案件の中には時給500円すら稼げないものもあります。そのため、案件次第ではバイトするほうが儲かるというものもあるのが現実です。案件を取るときは、作業内容と単価がしっかり見合っているか確認するように注意してください。

 

 

トラブルが起こる可能性はゼロじゃない

Webライターの雇用形態は業務委託契約になることが多いです。つまり、個人事業主やフリーランスとして働くことになります。そのため、万が一トラブルが発生した場合、自分で対処しなければなりません。また、トラブルが絶対に起こらないとは言い切れないので、その点は注意するといいでしょう。

 

毎日仕事が順調にあるわけではない!

先程から稼げると言っていますが、稼げるようになるためにはある程度時間がかかります。例えば、下請けとしてお仕事をしていくなら、案件を安定して発注してくれるところを探さなければなりません。

また、アフィリエイトサイトを立ち上げて売上を獲得していきたいという方は成果が出るまでに時間がかかります。もちろん、はじめたときから毎日仕事があるとは限りませんし、すぐに利益を出せることは珍しいので、Webライターなったらすぐに稼げると思わないほうがいいのかもしれません。

 

Webライターなら普通のバイト以上稼げる

仕事を受注すれば、対応できる時間などによっても異なりますが、月20万円ぐらいは稼げるようになるでしょう。また、個人サイトを立ち上げれば、数百万円という売上を得られるチャンスもあるので、Webライターという職業はバイトよりも稼げると言えそうです。