Webライターを副業としてやるならブログで稼ぐほうがいいという話

<この記事を読んでわかること>
・Webライターとしての副業の働き方がわかる
・副業ならどのような稼ぎ方がいいのかわかる

 



Webライターの副業の働き方には何がある?

Webライターを副業とする場合、大まかにわけて2つの働き方があります。

・記事の案件を受注する
・ブログを立ち上げる

では、2つの働き方について詳しく見ていきましょう。

 

案件を受注して記事を書く

お客さんから記事を依頼してもらいその記事を書いて報酬を得る方法です。いわゆる記事を受注してお金を稼ぐ働き方になります。具体的には、クラウドソーシングを利用したり、メディアに所属したりしてお仕事を受注し記事を書きます。この働き方で副業をすれば下記のようなメリットを獲得できるでしょう。

・必ず報酬を得られる
・本業に近い給料を副業で稼げる

働いた分は確実に報酬を得られます。実際に副業で10万円以上稼ぐ人は珍しくありません。また、この働き方なら副業ではなく本業とすることも可能です。

 

ブログを立ち上げて広告収益で稼ぐ

もう1つの働き方がブログを立ち上げる方法です。報酬は広告収入になります。具体的には、Webサイトを立ち上げて記事を書き、そこに広告を貼ってクリックもしく商品を購入してもらえたら、報酬を受取ることができるという仕組みです。この方法は億万長者を狙える可能性があります。しかし、デメリットも多いです。

・収益化までに時間がかかる
・記事を書き続ける必要がある
・最低限Web制作に関する知識が必要

記事を公開しても誰からも見られないというケースも珍しくありません。また、記事が上位表示されるまでには時間がかかりますし、正しい方法で記事を書かなければ圏外の記事ばかりが量産されるということもあります。

 

 

副業としてWebライターをやるならブログがおすすめ

一見、ブログで広告収益を得るよりも、案件を受注するほうが効率的に稼げるように見えます。しかし、これからWebライターとして副業をするなら、ブログで稼ぐほうがおすすめです。これからその理由をしっかりと解説していきます。

 

副業がお金にならなくても生活に支障はない

「副業でWebライターをやりたい!」という方には当然、本業がありますよね。恐らく、多くの人は本業の収益から生活費などを支払っていることでしょう。つまり、副業がうまくいかなくても本業で稼げているので、誰にも迷惑をかけませし、自分も生活していけるというわけです。

先程も述べたとおり、ブログを副業にするリスクは、収益を得られるに時間がかかること、収益を得られない可能性があることです。しかし、本業がある人にとってこれらのリスクはそれほど痛いリスクではないでしょう。なぜなら、生活基盤がしっかりとしていて、別にほかから収益が入ってこなくても生活をしていけるからです。「稼げない副業は副業じゃない!」と言いたい人もたくさんいますよね。しかし、次の小見出しを読めば大半の方がブログのほうがいいと思ってくれるでしょう。

 

ブログには億万長者になれる夢がある!

ブログを副業したほうがいい最大の理由は、億万長者になれる可能性があるという点です。月額1,000万円稼ぐ人もたくさんいます。もし、うまくいけば、会社の役員並の報酬を副業で得ることができるのです。だから、副業なら案件を受注するのではなく、ブログを立ち上げてそれに投資したほうが莫大な資産を得られる可能性があると言いたいのです。ブログを立ち上げるWebライターを副業にすれば、生活リスク少なく億万長者を狙うことができるので、これはもうやるしかありませんね!

 

 

書いた記事は自分の資産

自分のサイトに書いた記事は、当たり前ですが自分の資産です。記事を書けば書くほど資産が溜まっていきます。すべてあなたのものです。

 

ブログで稼ぐ上で必ず必要になってくるスキル

ブログで稼ぐために最低限必要なことは、正しい記事作成方法を知ることです。業界では記事を書くことをライティングと言います。

記事を書く人とWebライターに書かせる人、2つのパターンがありますが、どちらにせよSEOライティングの知識は必要不可欠です。もし、ライティングの知識を身につけたいという方は下記のページが参考になりますので、チェックしてみてください!

初心者Webライターなら知っておきたい!記事の書き方のポイント9つ

 

ブログで稼ぐ上で知っておいたほうがいいスキル

絶対必要というわけではありませんが、知っておくとためになるスキルをご紹介していきます。

 

コーディングスキル

HTMLやCSSでWebページをデザインすることです。もし、苦手という方はクラウドソーシングサービスなどを利用してフリーランスにコーディングをしてもらうという方法もあります。ざっと有名どころのクラウドソーシングサービスを挙げておきますね。

クラウドワークス
ランサーズ
Bizseek
チームワーカーズ

 

 

レギュレーション作成技術

記事を発注する人はレギュレーションを作り機会も多いはずです。そのため、レギュレーションを作れる力を身につけておくとためになります。下記のページではレギュレーションの作成方法を詳しく解説していますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

レギュレーションの作り方!ライターに発注するなら知っておこう

 

 

Web制作スキル

Web制作スキルは持っていたほうが便利です。しかし、難しいという方はサイトを簡単に作れるツールなどを活用するといいでしょう。

 

 

副業で夢をつかめ!最終的に本業辞められるかも

Webライターを副業としてやりたい!そしてお金持ちになりたい!という方はブログを立ち上げたほうが可能性を期待できます。しかも、必要な技術はそれほど多くありません。もし、記事を書くことが苦手という方は外注してしまえば事足ります。誰でもできますし、稼げる可能性が誰にでもある副業といえるでしょう。