記事書くの面倒くさい!そんなときは記事作成代行に依頼!

<この記事を読んでためになる人>
・記事を書く時間がない方
・コンテンツを充実させたい
・個人事業主か会社のどちらに依頼するか迷っている



記事作成の代行を依頼するメリット

時間と労力が軽減される

はじめに言っておくと、記事の作成には時間と労力が必要です。基本的には1記事書いただけで検索順位が1位になることはほとんどありません。コツコツと更新していくことが大切です。

しかし、ほとんどの方がこの「コツコツ作業をする」ことが苦手で、面倒になって最終的に放置されるケースも少なくありません。そこで途中で辞めたくないという方におすすめなのが記事作成代行サービスへの依頼です。

利用にはある程度の費用が必要ですが、頼めば記事作成は全てやってくれるので、時間と労力が軽減されます。特に今まで自分自身で執筆していたという方は、他の仕事にも時間を回せるので大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

 

大量の記事数を依頼できる

一人で記事を書ける量って結構限られます。例えば1記事3,000文字だとすると、1日フルに活動して2記事から3記事程度といったところでしょうか。他の社内業務などがあれば、1記事書けるかどうかになると思うので、毎日更新するとなると体力的にも大変です。

しかし、記事作成の代行をしているところに依頼をすれば、1日5記事ずつの更新や、1か月で100記事など大量に頼むことができます。

また、複数の代行サービスを利用すれば無限に依頼ができるため、こういった点はメリットと言えるのではないでしょうか。特に早い段階でコンテンツを充実させたいと思っている企業は、依頼について検討してみてください。

会社に頼む?それとも個人事業主に頼む?

記事作成代行サービスを実施しているところは、大きく分けると企業か個人事業主の2つです。どちらか悩む部分になると思うので、それぞれのメリットについてご紹介します。

会社に依頼する

記事作成代行サービスを会社に頼む場合、信頼性が高いといったメリットがあります。基本的に決められた納期は守られますし、密に連絡も取れるので安心です。余計な不安を持ちたくないと思っている方は、会社への依頼をおすすめします。

 

個人事業主に依頼する

記事作成代行サービスを利用するにあたって、まず知っておきたい部分としては「企業は仲介的な役割をしているだけで執筆しているのは個人事業主」という点です。

基本的に記事作成代行サービスをしている会社では、自社ライターを雇っているところは少なく、クラウドソーシングなどを利用して個人事業主のライターと契約をしています。結局何が言いたいかというと、企業に依頼をして仲介手数料を取られるより、初めから優秀な個人事業主のライターと直接契約した方が安く済むということです。クオリティに関してはどちらの方法をとっても基本的に個人事業主のライターが執筆しているので、変わりません。

そのため、個人のライターを見つけられるなら、私はそっちに依頼した方が予算的にもメリットが大きいと思います。

ただ、個人事業主の中には途中で一切連絡が取れなくなるなど中途半端な気持ちで活動している人もいるので、その点は注意しながらできる限り本業でライターとして活動している方への依頼をおすすめします。

個人事業主への記事作成依頼はMoreandMore.inc

依頼から納品までの流れ

「記事作成代行サービスを利用する場合、どんな流れで進められるの?」と疑問に思っている方のために、最後に依頼から納品までの流れを具体的に紹介します。

ライターとのヒアリング

記事作成代行サービスに依頼をしたら、執筆してほしい内容などのヒアリングを行います。個人事業主に依頼する場合は、このヒアリングを密に行ってくれるかが重要なポイントとなるでしょう。

ヒアリングの内容に関して詳しく紹介すると、主に「記事の内容・記事の本数・納期・予算」などです。この中でも特に予算は気になると思うので、予算オーバーとなってしまった場合は他のところにも見積もりを取るなどして後悔しない方法を選択してください。

 

契約・ライティング開始

ヒアリングの内容に納得でき、無事に契約したらライティング作業に移ります。依頼主は、簡単に言ってしまえば契約が完了したらあとは記事が仕上がるのを待つだけという形になります

 

納品物のチェック

仕上がった記事が納品されたら、依頼主の方で中身やクオリティなどのチェックを行います。問題がなければその時点で全ての作業が完了となります。流れを見てみても、それほど複雑ではないので、誰でも気軽に依頼することができます。