【令和最新】ライターに記事を外注するメリット・デメリットとは!?

 

<この記事を読んでためになる人>
・これからライターへの発注を検討している方
・ライターに外注することで得られるメリットを知りたい人
・ライターに外注することでどのようなデメリットがあるのか知りたい人
・事前にメリットとデメリットを知った上で発注をしたいという方

 



ライターに記事を発注するメリットとは!?

サクッと説明していきます。ライターに発注するメリットはこんな感じです。

 

・記事を書かなくていいのでチョー楽!
・企画からWordPress納品まですべて任せられる場合もあり!
・ライターによっては安く発注できる

 

それでは、各項目を一つ一つ解説していきます!

 

記事の執筆を完全に任せられる

1つ目のメリットは、記事を書かなくていいということです。自分で記事を書いたことがあるという人ならわかると思いますが、記事を書くのは正直かなりしんどいですよね。

 

・頭で考えて書き出す
・わからないことはネットで調べて似た文章にならないように気をつける
・書いた文章を読み返す

 

この作業の無限ループです。1記事書くのはかなりの労力とモチベーションが必要になります。

しかし、ライターに外注すれば、労力をかけなくても記事が出来上がるというわけです!今まで辛かった作業をしなくてもいいので、とても便利ですよね。

 

あらゆる工程を任せられるライターもいる!

記事執筆だけでなく、構成を考えてライティングしてWordPressへ納品してくれるライターもいます。つまり、記事公開までの工程をすべて任せられるというわけです。クオリティの高いライターに出会うことができれば、外注者(クライアント)は何もしなくていいため、自動的にWebサイトのコンテンツが増えていくということになります。まるで魔法のようです!

 

ライターによっては安く発注できる

「ライターに外注するとかなりの費用がかかるよね?」と思っている方がいますよね。実は、あまり費用はかかりません。ライターの中には文字単価1円で対応してくれる人もいますので、1,000文字の記事であれば1,000円あれば注文できます。1,000文字の記事でも素人なら書き上げるのに半日かかってしまいます。半日かかる作業をたった1,000円で買えるわけですから、かなり安いですよね。

ライターの費用相場は下記の記事でご紹介しています。ぜひチェックしてください!

 

ライターにかかる費用相場はいくら?記事を発注するなら知っておこう!

 

ライターに記事を発注して起こるデメリット

メリットばかりではないというのが正直なところです。ライターに外注するデメリットは、ざっとこんな感じになります。

 

・要望通りの記事が納品されないこともある
・品質が担保されていないことがある
・ライターを探すのがだるい!
・ライターとのトラブルが発生することもある

 

下記で各項目を詳しく解説していきます。

 

 

イメージが違う記事が納品される

納品された記事を見てみると、想像していたイメージと全く違うことがあります。例えば、です・ます調になっていなかったり、文章が堅苦しかったり…..などです。この状況は、発注者がライターに要望を事細かく説明できないことで起こります。また、ライターが要望をくみとれてないことが原因ということもあるでしょう。このような状況にならないためにも、発注前の綿密な打ち合わせは必要不可欠です!

 

記事の質が悪い

そのほかのデメリットとしては、質の悪い記事が納品されることです。具体的には、誤字脱字がある、集客したいターゲットを意識してライティングされていないなどです。この場合、人選ミスというケースが多いでしょう。今まで執筆をしたことがない未経験のライターに外注したときに起こりやすいです。

また、ライターの技術ではなく、単価が安いために質が担保された記事が上がってこないということもあります。例えば、1円未満で発注している人です。文字単価が安すぎるので、ライターは生活するために急いで記事を作成します。記事を執筆するのではなく、どちらかと言うとキーボードを叩く作業になってしまうため、質の悪い記事が出来上がるというわけです。

そのほかにも、記事単価は高いけど、やるべきことが多いので結果的に割に合わなくなりキーボードを叩く作業になってしまうケースです。例えば、構成を考えて執筆をしてコピペチェックをし、WordPressに納品して修正依頼に対応し文字単価1円という場合ですね。提示されている文字単価は1円であってもやるべきことが多く実質文字単価0.5円になってしまうため、モチベーションが保たれずそれが記事の質にも影響を与えてしまうというわけです。

ライターを探すのが大変

ライターを探す手間がかかることもデメリットになります。ライターを探す方法はいくつかありますが、ここでは割愛します。詳しく知りたいという方は下記の記事で詳しく解説していますので、チェックしてみてください!

 

ライターの4つの探し方・見つけ方!探し方の選択肢がたくさん見つかる

 

例えば、ライターを探す方法としてクラウドソーシングがあります。クラウドソーシング上で募集をして応募してくれた人を選別してお願いする方法です。簡単そうに見えるかもしれませんが、応募してくれた人とメッセージをやり取りしなければならなかったり、経歴をチェックしたりしなければなりません。当然、イメージ通りのライターを見つけられないこともあるでしょう。

もし、記事の発注を考えているのなら、MoreAndMoreで記事執筆の依頼をしませんか?お問い合わせをするだけでこの記事の執筆者である私が記事を書きます!こちらの問い合わせから気軽にご相談ください!

 

 

ライターとのトラブルが発生!

最後のデメリットは、ライターとトラブルが発生してしまうことです。ライターとのトラブルはとても厄介で、最悪の場合クラウドソーシングを利用できなくなったり、行政機関から注意を受けたりすることもあります。実際にライターとのトラブルは避けたいと考えている人も多いかと思います。下記にライターに発注して起こるトラブルや回避策のリンクを貼っておきますので、興味のある方はどうぞ!

 

ライターへの記事依頼で起こりやすいトラブル・回避法

 

記事発注はいいことばかりではない!

一見、ライターへの記事外注はメリットばかりあるように思えます。しかし、そんな簡単に一筋縄ではいきません。イメージ通りの記事を書かせるということは至難の技です。打ち合わせを綿密にして外注者とライターが納得できるように努力しましょう!MoreAndMoreへの記事執筆の依頼はどうぞこちらからお願いします。