初心者Webライターなら知っておきたい!記事の書き方のポイント9つ

<この記事を読んでためになる人>
・初心者のWebライターなので記事の書き方がわからない人
・記事の書き方を知り集客効果のある記事を作成したい
・インターネットで記事の書き方の教科書的なページを探している
・初心者なので、何を意識して記事を書けばいいのかわからない

 



キーワードは決めておく

1つ目のポイントは、キーワードをあらかじめ決めておくことです。プロのWebライターは当たり前のようにキーワードを決めてから記事を作成します。基本的に記事はキーワードを意識しながら作成していくことになるため、キーワードが選定されていない状態では記事を書くことができません。

初心者はキーワードと聞いて、「正直なんのことを言っているのかわからない!」と思っている方もいますので、キーワードとは何かについても解説していきます。例えば、ライティングの正しいやり方という記事を書くとしましょう。この記事のキーワードは「ライティング やり方」になります。つまり、その記事の軸となる言葉がキーワードというわけです。ちなみに今皆さんが見ているこの記事のキーワードは「Webライター 初心者」になります。

キーワードは、1つでもいいですし、2つ以上でも問題ありません。一般的に幅広いターゲットを狙いたいときは1つのキーワード(単一キーワード)で攻めることが多いです。逆に、ピンポイントのターゲットを狙いたいときは、2つ以上のキーワード(複合キーワード、ロングテールキーワード)で記事を書きます

 

 

輝いた魅力あるタイトルを書く

2つ目のポイントは多くの人が魅了されるタイトルを書くことです。タイトルを見て記事の中身を見てみたいと思わせるタイトルを書きます。

魅力的なタイトルを書くことはSEOライティングでは常識なので、初心者でない人はわかりきったことを書きやがってと思っているでしょう。しかし、できている気になっているという人は非常に多いです。例えば、ビックリマークをつけたり、【】を使ったりしていればそれは魅力的なタイトルだと勘違いしている人がたくさんいます。実際のところ、記号を使っただけで魅力的な言葉になることはありません。

また、魅力的なタイトルにしようと思って嘘をつくのもよくありません。嘘をついて魅力的なタイトルを作り、それに釣られてアクセスしてくれたとしても、結果的にその読者を失望させるだけになります

もう1点だけ。あまりにも元気すぎるタイトルは逆効果だと個人的には思います。例えば、「必見!」、「知らないと損」、「!?」などの元気な言葉が使われているタイトルです。このようなタイトルが好きな人もいますが、個人的には嘘くさく思えてきますので、特に信憑性が重要な調べごとをインターネットで行うときは、元気すぎるタイトルの記事にアクセスすることを避けています。

 

 

見出しを作成する

記事を書き始める前に、見出しを作成するようにしましょう。見出しを作成しておくことで、内容の重複を避けることができます。また、見出しは記事の骨組みになるため、話題がぶれてしまわないように対策することもできるのです。

見出しを作成する際のポイントとしては、長くしすぎないことです。できるだけコンパクトにまとめることをおすすめします。

また、句読点の使用は避けましょう。もちろん、句読点を使用することで、検索順位が下がるということはありませんので、どうしても使用したいという場合は使っても問題ありません。

 

 

キーワードを使いながら記事作成する

キーワードは文章中にまんべんなく使用します。しかし、使いすぎてはいけません。1見出しに1つぐらいで十分です。もしくはそれ以下でも問題ありません。キーワードを使いすぎるとコピペチェックに引っかかりやすくなります。コピペチェックについては詳しく解説しますので、安心してください。

 

 

わかりやすく書く

文章は“わかりやすく書く”ことも記事作成のポイントです。正直、初心者のWebライターさんにとっては難しいことかもしれません。

わかりやすく書くためのポイントとしては、ざっくり言うとこのような感じです。

 

・難解な言葉を使わないこと
・学生に話しかけるように書く
・できるだけひらがなを使用すること

 

わかりやすく書くことは記事作成においてとても重要なので、ひとつひとつ解説していきますね。

 

難解な言葉は避ける

簡単に言えば、専門家しかわからない言葉は使わないことです。例えば、コンテンツマーケティング業界に詳しい人ならSEOだとか文章一致率だとかという言葉を理解できるかと思います。しかし、この言葉をコンテンツマーケティング業界からかけ離れている大工さんや農家さんに言っても伝わるわけがありません。

インターネットで検索する人は、わからないから検索します。つまり、その分野にうとい初心者の方が多いのです。ですから、難解な言葉は避けたほうがいいというわけですね。

どうしても難解な言葉を使わなければならないときは、その難解な言葉に対して詳しい解説を入れる、補足を入れるなどして理解してもらえるように努力する必要があるでしょう。

 

学生に語りかける気持ちで書く

学生と言っても年齢幅が広いので、漠然とした感じですが、中学生ぐらいに話しかけるつもりで記事を書くとわかりやすいのではないかなと思います。もちろん、書く記事によってターゲットは異なりますので一概には言えません。しかし、中学生に話しかけることを意識すれば、大体わかりやすい文章になります。

 

ひらがなを積極的に使おう!

何でもかんでもひらがなを使えという意味ではありません。しかし、漢字で書く必要ある?という部分はすべてひらがなで書くことをおすすめします。例えば、このような言葉はひらがなのほうがいいでしょう。

 

・「その他」→「そのほか」
・「予め」→「あらかじめ」
・「言う」→「いう」
・「要る」→「いる」
・「分かる」→「わかる」
・「御免」→「ごめん」
Etc.

 

昭和初期の小説に平気で使われていた漢字をそのまま使うととても読みづらくなります。特に言葉は簡単でも漢字にすると読みづらくなるものはすべてひらがなを使用しましょう。

 

 

同じ意味の言葉はできるだけ1つの言葉に統一する

意味は同じでも違う言葉ってありますよね。例えば、下記のような言葉が該当します。

・「歯医者さん」「歯科医院」
・「Webサイト」「サイト」
・「お母さん」「母親」
・「子供」「お子さん」
Etc.

どちらかに統一しておくと、文章全体に統一感が生まれます。また、読みやすくもなるので、記事を書くときのポイントです。

 

誤字脱字がないようにする

誤字脱字はチェックしましょう。文章で誤字脱字があると何を言いたいのかわからなくなります。わかりやすく説明する以前の問題になりますので、Wordのスペルチェック機能を使ったりして対策をしておきましょう。

 

1度書いた記事は読み返す

読み返すことで、理解できる説明をしているのか確認することができます。何を言っているのかわからないと思う読者を減らせますので、必ず1度書いた文章は読み返しましょう。

 

コピペチェックをする

読み返すだけでなく、書いた文章は必ずコピペチェックにかけることをおすすめします。有名なコピペチェックには下記のようなツールを挙げることができます。

 

Copy Content Detector
こぴらん

 

「自分で書くんだからコピペなんてするわけないじゃん!」そう思った方もいるでしょう。しかし、文章を真似したわけではないのに自然とコピペ率が高くなるということがあります。例えば、キーワードや固有名詞の使いすぎなどでコピペ率が高くなったりしますので、一応コピペチェックをかけておくことはとても重要なことです。

 

SEOを意識しすぎると記事がダメになる!

検索順位1位を狙える記事を書きたいとすべてのライターが思っています。しかし、SEOを意識しすぎると駄作が生まれることも。キーワードを無意識で詰め込みすぎてしまったり、文章がおかしくなってしまったり…。意識すべきは読者です。読者の読みやすい記事を書けるライターがプロのWebライターなのです。